家族や親族のつながりを取り戻す お葬式のひなた代表 増井康高さん

【ストーリー概要】

葬儀とは自分自身の人生を見つめ直す大きなキッカケであると伝えている増井さん。

お葬式もコロナ過で非対面型になり、家族や親族が直接集まる機会が減ることに危機感を覚えています。
本来、冠婚葬祭は普段会えない親族が集まり絆を形成する場でしたが、それに代わる新しい絆の作り方が必要であると訴えています。

●プロフィール●
増井康高
株式会社 ひまわりコーポレーション
代表取締役社長

【ゴールがわかれば今日が安心できる】をモットーに
「話しかけやすさ」を大事にしている葬儀屋として、お葬式のひなたを運営。
「1名からのセレモニー」をキャッチフレーズにご家族の環境と要望に寄り添う百合ヶ丘家族葬ホールも運営。
「デジタル遺品を考える会認定講座」を修了しており、デジタル遺品に関してのご相談も承る。

【SNSリンク】
★Web★
https://bit.ly/2KSil3v
★Facebook★
https://m.facebook.com/sougiyamasui/
★Instagram★
https://www.instagram.com/masuinsta/
★note★
https://note.com/virusdust
★Twitter★

(Visited 184 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です