不登校の子どもたちの居場所が全国各地にできて、学びの選択肢が増える社会にしたい 『きみの森』代表 川辺響子さん

【ストーリー概要】
不登校の子どもたちの生き方が認められて、誰もがあるがままにいられる社会に。
それには不登校の子どもたちの居場所が全国各地にできて、学びの選択肢が増えることが必要、と、ご自身の体験から『きみの森』を立ち上げられ、NPO法人化に向けて活動されている川辺さんにお話をうかがいました。

生産性や効率を求められる社会の中で、『きみの森』を訪れた子どもたちや親御さんには、「無理しなくていい、迷惑かけてもいいんだよ」と伝えられている川辺さんの暖かなお人柄が伝わるインタビューとなりました。
「どんな状況であってもどんな自分自身であっても輝ける自分、ありのままでいられるそんな社会になってほしい」という川辺さんのメッセージをぜひお聞きください。

【プロフィール】
大阪生まれ、大阪育ち。
2人の不登校の子を持つ、大阪の普通のおばちゃん。
「きみの森~不登校の親子のための居場所づくり~」の代表。
既存の枠にとらわれない!新しいカタチのボランティアグループを運営中。

不登校問題だけでなく、多様な生き方ができる環境づくりにも取り組んでいます。
趣味は、ピアノとイラスト。

【SNSリンク】

●きみの森●
★HP:https://kiminomori1125.wixsite.com/website
★きみの森*ラジオ:https://radiotalk.jp/program/56465
★インスタグラム:https://www.instagram.com/kiminomori1125/?hl=ja
★Facebook: https://www.facebook.com/kiminomori1125

(Visited 211 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です