違いを尊重しあい手を取り合っていける社会を創っていきたいと活動されている 勇気づけ子育てコーチ三宅真衣さん

三宅真衣(みやけまい)
【ストーリー概要】
小学校教員時代の経験から、トラブルを抱える生徒たち・我が子を愛する故の父兄からの教員に対する憤りの狭間で、「この子たちをどうにかしなければまずい」という考えを抱き、
児童たちへ厳しく指導しすぎてしまったり、子育ての時に子供の気持ちを理解できずどうしたらいいのだろうと悩み、苦しみを解決するのにアドラー心理学の一冊の本との出会いから「家庭の中のママや子供たちにサポートが必要だ」と変化したお話を伺いました。

【プロフィール】
3人(男女双子含む)の母。元小学校教員。
初任時代の迷走、子育ての悩みから、 自信をなくし、自分の子育てを責める。

「アドラー心理学の勇気づけ」と「心の仕組み」に出会い、幅広い人間関係に
役立つことから「自分もみんなも幸せになれる!」と感銘を受ける。

過去の辛かった経験が誰かのお役に立つ!そんな思いで
賞罰教育ではない「勇気づけの子育て」を伝えるため講師として活動。
これまで700名以上子どもと関わり、教員としても、その効果を実感した。

勇気づけを伝えたママの数は200名以上。
「イロイロな子がいて良い!・どんな子もそのままで光をあてれば輝く!」をモットーに
親子の無限大の可能性を引き出すサポート中

★ブログ
https://ameblo.jp/mahky121/

★Instagram
https://www.instagram.com/yuukidukemai.hkay121/

(Visited 59 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る