余白と遊び心ー大切な「何か」を大切にし続けることができる社会へー / 江藤 彰洋さん

【ストーリー概要】
人それぞれに大切な「何か」を大切にし続けることができる社会を創りたいと語る江藤さん。
活動のコンセプトである、物理的・精神的な「余白づくり」その背景には、親友の自殺をきっかけに自立と多様性の重要性を実感された、経験や想いを語ってくださいました。
現在は、福岡県福津市へ移住し新たなプロジェクトに挑戦し続ける、江藤彰洋さんにお話しを伺いました。

【プロフィール】
1988年生まれ。福岡→東京→福岡。「余白づくり」をコンセプトとして、複数企業の中で事業開発・組織作りに従事。時代にあった柔軟な雇用の創出に励むも、選択肢を作るだけでは越えられない壁があることに気づき次なる挑戦へ。クラフトビールを皮切りに、多様性市場へ参入準備中。

【SNSアカウント】
・江藤彰洋(個人)
https://facebook.com/nghero.akihiro

・福岡県福津市ビール工場設立PJ
https://instagram.com/beer.fukutsu/

・Twitter

(Visited 61 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です