本は人生の羅針盤  人生をナビゲートする一冊との出会いを みらいパブリッシング 副社長 田中英子さん

【ストーリー概要】
もともとおばあさまが本が好きだったこともあり、小さい頃から本が大好きだったそうです。小学校高学年の頃に図書委員になり、ご自身が選んだ本をみんなが読んでくれることが快感だったとおっしゃる田中さん。偶然、出会った一冊の詩集で短い言葉が人を幸せにすることに感動。最初はボランティアでその詩集を応援されていたそうです。今は著者の一番のファンになり、本の出版サポートはもちろん、その後のサポートまでも熱い気持ちで関わっていらっしゃる田中英子さんからお話を伺いました。

【プロフィール】
ワイン好きのVin腕編集者。原稿用紙1枚800円の校閲業務から起業し、新聞社を経て、現在は出版社みらいパブリッシングの取締役副社長。

【SNS】
フェイスブック
https://www.facebook.com/eiko.tanaka.9212
アメブロ
https://ameblo.jp/atto1224
インスタグラム
https://www.instagram.com/attto1224

(Visited 191 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る