【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】

『トリックアートで、自分が描いた絵と共演したい』 トリックアートアーティスト 雷藤たわんさん

【ストーリー概要】
幼い頃の自分がみて嬉しくなるような作品、誰も見たことがない新しいものや、自分が描いたイラストと自分が遊んでいるような作品を創りたい、と日々作品創りに取り組んでいらっしゃる、トリックアート アーティスト たわんさんにお話をお伺いしました。

大学生の頃は将来の夢がわからなくて、人生におけるOB訪問をしようとたくさんの社会人の方にお話をうかがいに行ったという行動派のたわんさん。
その時自分には語るものがない、やりたいことも見いだせていないことに気が付かれたそうです。
何かやりたくて、授業中によくノートに落書きしていたことから、まずは真面目に創作活動をやってみようと始められたことがきっかけとなり、今ではSNSで作品を発信されるまでになった経緯をお話しいただきました。

トリックアートを実際に画面で紹介していただきましたので、作品の面白さがとても伝わるインタビューとなりました。
ぜひご覧ください !

【プロフィール】
『自分が描いたイラストと遊びたい!
     小学生の時に見ていた夢を叶えたい。。。』

成人を迎えるにあたり、幼心を思い出したことをきっかけで、趣味でイラストを開始。
新しいものを生み出すために、鉛筆画や切り絵、パラパラ漫画など様々な手法に挑戦中。

幼い頃の自分が見たら嬉しくなる作品をモットーに楽しく絵を描いています。

【SNSリンク】
●note
https://note.com/light0610

●Instagram
https://instagram.com/tawanlighto?igshid=1xnli22g5g1sm

●pixiv
https://www.pixiv.net/users/64796863

●Twitter
https://twitter.com/lightotawan

(Visited 198 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】