愛情や思いやりあふれる社会を創りたい 命を描く人 イラストレーター 大畑哲也さん

【ストーリー概要】
命を描く人 「描く命家」TOHとして活動されている大畑哲也さん

小学2年生からのマンガ家になるという夢を持ち、マンガ家のアシスタントをしましたが、週刊連載の大変さに挫折。

その挫折を通して見えてきた本当に自分のやりたいこと。
さらに、鬱やヘルニアを機に変化したものの見方。
当たり前のことに対する感謝の気持ち、そして言葉の力に気づかされる大畑哲也さんのストーリーです。

【プロフィール】
大畑哲也
長野県木曽郡上松町在住
39歳、既婚、2児の父

『命を描く人』描く命家、TOH(かくめいか、とう Tは哲也 Oは大畑 Hは尊敬する宮崎駿さんのはやおのHを中学生の時に決めました)
イラストレーター、絵本作家、デザイン、企画の仕事をしています。
小学2年生の時にマンガ家になる夢を持ち、高校卒業後、代々木アニメーション学院に入り、卒業後マンガ家のアシスタントをしました。が、週刊連載の大変さに挫折しました。
地元木曽に帰ってきて幾つか他の仕事をしながらも副業でイラストはコツコツと描きながらいましたが、ヘルニアを期に7年前起業しました。現在は人としてのあり方(道徳や論語)と、経済としてやり方(マーケティングや仕事)を勉強中です。

【SNSリンク】
Facebook
https://m.facebook.com/people/大畑哲也/100004221515027

Facebook「ありがTOH」企画。ページ
https://www.facebook.com/ariga10kikaku/

Instagram
https://www.instagram.com/kakumeikatoh/

note
https://note.com/ariga10kikaku

Twitter

(Visited 75 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る