【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】

音楽と愛で世界をひとつに繋いでいきたい ~ピアノ教育者、音楽家メンタルトレーニング研究者・実践者 大木美穂さん~

【ストーリー概要】
3歳でピアノと出会い、人生の大部分を占めてきた音楽は、人生を学ぶことでもあったと語る大木美穂さん。日々コツコツと練習する、といった「続ける力」があるかどうかは人生においても様々なところで「成功するか失敗するか」の分かれ道になると言います。また、音楽は時間芸術であるとも言われ、楽譜の中にある休符は「間」であり、そこには何もないけど、同時に全ての可能性を秘めている世界。それを体を通して音を具現化していく感覚を、実際に音楽家(演奏者)として経験している美穂さんの言葉には説得力があります。日本の「道」の世界にもつながる、「間」の世界を感じながら、日本とドイツの架け橋となり、双方の融合を図りながら日本の音楽教育の底上げにも貢献していらっしゃいます。音楽への愛と敬意に溢れるその姿勢態度は、ピアノ教育者、音楽家メンタルトレーニング研究者・実践者として、音楽界のみならず様々の分野で支持されています。音楽と愛で世界をつなぐビジョンを体現すべく、精力的に活動されている姿が印象的でした。益々のご活躍を心から楽しみにしています。

【プロフィール】
大木 美穂(Ohki, Miho)
栃木県出身。3歳よりピアノを始める。

2010年、横浜国立大学音楽教育課程在学中に日本政府より奨学金給付を受けてエアフルト大学へ短期留学、音楽教育を学ぶ。2017年にマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク(以下ハレ大学)器楽教育ピアノ修士課程を最高得点で修了。現在、エアフルト大学の音楽教員養成課程非常勤講師としてピアノと室内楽のレッスンをしている。

ピアノの後進育成に従事する傍ら、ザクセン・アンハルト州より研究奨学金を受けてハレ大学博士課程で「スポーツ心理学を応用した音楽家のためのメンタルトレーニング」について研究し博士論文を執筆中。

ピアノ演奏・教育活動と音楽家メンタルトレーニング研究の他には日独通訳翻訳もしている。これまで国際マスタークラスで150時間以上の器楽レッスンでの同時通訳をし、展示会や海外視察研修、株主総会などでも日独通訳をしてきた。研究テーマについての論文をドイツ語と英語で執筆し、国内外で音楽家やアスリートなどパフォーマーに向けたメンタルトレーニングワークショップや講演を積極的に行なっている。現在ドイツで出版されているピアノ教本の日本語版を翻訳中。

これまで数多くのコンサート出演のほか、合計80名を超える生徒や学生のピアノ指導や50名以上の音楽家とメンタルトレーニングをしてきた。

2021年4月より日本語でも『音楽家とパフォーマーのためのメンタルトレーニング講座第一期』をスタートさせた。

夢はあがり症やメンタルの悩みを持つ音楽家1000人のメンタルサポートすること。

音楽と愛で世界を繋ぐために日々活動中。

2021年7月ドイツにてTEDx登壇予定。

【SNSリンク】
★ YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/user/klavier34

★ホームページ
https://www.morepiano.info/ja/

★Facebookプロフィール
https://www.facebook.com/miho.ohki.75/

★Facebookページ『音楽家メンタルトレーニングの部屋 – Mental Training for Musicians』: https://www.facebook.com/morepianomentaltraining

★Facebookグループ『モアピア〜日本と世界をピアノ教育で繋ぐコミュニティ〜』: https://www.facebook.com/groups/morepia

★ Instagram
https://www.instagram.com/miho_ohki_klavier/

★ note
https://note.com/morepiano

★ Clubhouse
@miho_ohki (クラブ名:『音楽家メンタルトレーニングLABO』と『日本と世界をピアノで繋ぐ【モアピア】』 )

★ Twitter

(Visited 100 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】