落語を通じて「個」の魅力を引き出し、表現することの喜びを伝えたい / 落語教育家 ”Lauqhter(ラクター)” 小幡 七海さん

【ストーリー概要】

落語を通して、人の個性・魅力・可能性が引き出され、
笑いが生まれる楽しさ・喜びを伝えたい。

人を受け入れ、周りにも受け入れられることで愛や自信が生まれ、
自分も周りも笑顔にできる人が育ち、子供たちが自信を持って
やりたいことを表現している未来を創りたい!

そんな想いで、落語を使った教育事業を
展開されている小幡七海さんです。

小幡さんの今後のご活躍をこれからも応援しています!

【小幡 七海(おばた ななみ)さん プロフィール】

学生時代は関西の女子大学で唯一の落語研究会に所属。
地域のイベント、老人ホーム、お寺や神社等、
屋内野外関わらず様々な場所で落語活動を行う。

第1回尼崎落研選手権では「特別賞」受賞、
第13回全日本学生落語選手権策伝大賞にて「敢闘賞」受賞、
第14回全日本学生落語選手権策伝大賞にて、「最優秀賞」受賞。

その経験を経て、落語を知らない人達へ落語の魅力を伝えるために
京都市にて小学校教員になり、落語クラブを設立。

落語を演じる子どもたちから滲み出る「個の魅力」に、他に代えがたい価値を感じ、「落語を教育カリキュラムにして全国へ広めよう!」という思いから教員を辞め、Lauqhter(ラクター)という個人事業を立ち上げる。

花まる学習会にて、子どもの魅力を引き出す教育現場に携わりながら、
幼稚園から大学生、企業研修等、 全国各地で
出前ワークショップを行っている。

☆ SNSリンク ☆

Facebook→

https://t.co/DPu08fQJgz

HP→

https://t.co/HSR3CkAQvj

Twitter→

(Visited 73 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です