外国にルーツがある子どもたちへ学習支援を/トレボルNIHONGO教室学校長 西涼光さん

【ストーリー】
全ての人たちがやりたいことを自由にできる、1人でも不幸せな人がいない社会をつくりたいという思いから、外国にルーツのある子ども達への学習支援の活動をされている西 涼光さん。
日本語が不自由で学校や生活に困難が生じている、子どもたちは推定5万人と言われています。
このままでは多くの子どもたちの将来が閉ざされてしまうそんな現状を変えたいと、子ども達の学習サポートを通して居場所づくりを実践されています。
横浜から、日本全国に発信している西さんの活動への思いをお聞きください。

【プロフィール】
西 涼光
トレボルNIHONGO教室 教室長
高校を卒業し伯母の住む南米ボリビアへ渡り、2年後帰国。
その1年後に入学した横浜市立大学にて外国ルーツの子どもたちへの学習支援サークル「トレボル@横市」に出会い、南米生活で習得したスペイン語を活かしながら支援活動。
大学卒業後は一般企業に勤めるも、子どもたちを取り巻く環境が変わらないことにいてもたってもいられなくなり、6年間の会社員生活にピリオド。
一念発起し2019年4月に事業として「トレボルNIHONGO教室」を開校。

トレボルNIHONGO教室
外国にルーツのある子どもたちの学習をサポートするための教室です。

★ホームページ
https://trebolnihongoweb.wixsite.com/trebol

★note
https://note.com/trebol_nihongo

★Facebook
https://www.facebook.com/Trebol.NIHONGO/

★Twitter

(Visited 65 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です