「からだとココロを整えて健やかに美しく豊かに生きる」女性の強い味方 ヒーリングラボ47代表 三浦ひろみさん

今ではどこにでもあるリラクゼーションサロンですが、当時ブームになり始めの頃に小樽で先駆けてリラクゼーションサロンの経営を始めた三浦ひろみさん。そのきっかけはご主人の過労死と障害児の母として生きるための手段がきっかけでした。
今ではスクールを持ち、人に技術を教えるまでにもなりました。

さらに、新たなチャレンジとして、家事や育児に忙しい女性のために女性専用の出張エステへ業務形態を変更し、多くの女性から喜ばれています。
そんな三浦ひろみさんにお話しを伺いました。

三浦ひろみさんプロフィール

出身地:北海道釧路市

活動地域:北海道札幌市

経歴:障害児の母で奮闘の中、夫が過労により倒れ1年の入院後他界。その後子育てをしながらサロンとスクールを開業。13年のサロン業務を経て女性専用の出張業務へと変更

現在の職業および活動:Healing Lab.47代表、GHA グローバルヒーリングアカデミー代表、女性専用出張エステ

座右の銘:健やかに豊かに生きる

確固たる目的や目標を持って楽しむことが大事

Q.どんな心のあり方や認識の変化が今の活躍に繋がっていますか?

これ!」と決めたり設定して、確固たる目標や目的意識を持つことが大事。
そうなりたい夢や目標を持たなければ方向性がブレていくし、楽しみがなくつまらない。
楽しさは原動力ですね。

本当は経営者は利益とか毎月数字を追いますが、目先の利益ばかりではなく、楽しさを情熱として仕事に当たることでお金は後からついてくるという場合もあります。
これからも誠意を持って人に接していきたいですね。

記者 どんな時に楽しかったりワクワクしますか?

何かを閃いたり、新たな目標や夢を見つけたとき。
目標があるときは突っ走れます。特に目標となる人はいませんでした。
あの人素敵だなというのはありますが、そういう人になりたいけではなく、「エステシャンの三浦」というように、「理想のエステシャンになっている私」を自分の中でイメージを作り、そこに向かって真っ直ぐ目指していくんです。

イメージがつくと前頭葉が大喜びして、色々なホルモンが分泌するんです。
目標目的に着実に向かいたいが、道のりはスキップするように軽やかに進んでいきたいですね。
険しい山の山頂までいったから、あとはスキップしていきたいですね。
新しいことはスキップ
趣味に没頭できるときもワクワクが止まりません。

記者 今までご苦労をされてきたからこそ、これから出会うものはなんでも楽しめるという三浦さんの心が感じられますね。

心身ともに健やかに美しく生きられる時代

Q.どんな美しい時代を創っていきたいですか?

「健やかに豊かに生きる」というのが、ヒーリングラボ47の概念でもあり、私自身の生涯のコンセプトでもあります。
皆が健やかに生きられる時代を創っていきたいです。

美しいというのは若返るとか、ボディーラインなどエスティックな見た目の容姿ばかりではなく、様々な経験をし、そこからたくさんの生きる歓びを見いだして欲しいです。   

「健やか」は絶対に必要。そして肉体も精神も歪み(ひずみ)なく在りたいと思います。
屋号につけた「47」は自然界の4大元素と、人間のこころとからだの繋がりの7つのチャクラ。こころの在り方がカラダに様々な症状を与えてしまうから、程よいバランスを保ちながら人生を楽しみたいです。
基本は楽しく生きること。

記者 健やかさと美しさのどちらを取りますか?

「健やか」は健康も美しさも五感覚も総てを網羅しています。      

記者 なるほど、健やかの中には健康も美もすべてが含まれているということですね。
それでは、「豊かさ」にはどんなイメージがありますか?

物質的、経済的なイメージもありますが、気持ちの豊かさを大事にしたいです。
枯渇して偏った感情ではつまらないことしか考えなくなりますね。
健やかなからだとこころに感情も豊かであると、スキップしたくなるんですよね。
ワクワクしたり、こころ躍らせたりスキップする人生。
みんながそんな状態になれる時代にしていきたいですね。

記者 ワクワクしながら未来を語っていただいた三浦さん。
心身ともに健やかに豊かに美しく生きる人が増えていくといいですね。
貴重なお話しをありがとうございました。

三浦ひろみさんの詳細情報についてはこちら↓↓ 
●HP
http://healinglab47.jp
●Facebook
https://www.facebook.com/Healinglab.47/
https://www.facebook.com/gha.school/
https://www.facebook.com/romimiura

            

【編集後記】
インタビューの記者を担当した菊地と深瀬です。
プロとして活躍している三浦さんですが、母としての強さと子供のようにワクワクしながら好奇心をもって、目標に向かって突き進んでいる様子が印象的でした。また、時折見せる可愛らしい笑顔やチャーミングな仕草が親しみやすさを感じました。
ぜひたくさんの女性の心を癒して輝かせていっていただきたいです。

(Visited 18 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です