心地よさをデータ化し、企業とユーザーをつなぐ、感性データサイエンティスト・ナカツカサアキさん

【ストーリー概要】
使い心地、身体への負担、価値観など、商品に対するヒトの気持ちをデータ化し、分析して、より良い技術やより愛される商品を世に送り出す後押しをするお仕事。
ヒトの気持ちや価値観は十人十色だから、集められたデータから価値ある評価をすることは難しいけど面白い、と語るナカツカサさん。ものづくりへの愛情と手がけた商品への飽くなき興味を原動力に、数々の挑戦をされてきました。

【プロフィール】
ナカツカサ アキ
Office N 代表。感性データサイエンティスト。
大手電機メーカーのユーザー評価部門にて19年勤務。
使いやすさ・わかりやすさから、心地よさや価値観、UXなど、ヒトの気持ちを客観的に分析し、
ものづくりにフィードバックする業務を通して、ユーザー調査とデータ分析のスキルを習得。
住宅設備、家電、介護用品、ロボットなど携わったプロダクトは多岐に及ぶ。
2018年に独立し、フリーランスとしてユーザー調査やデータ分析業務に携わる。

【リンク】
★note
https://note.com/nakatsukasaaki

(Visited 104 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です