ソーシャルビジネスをお金の面から支援する一般社団法人ソーシャルファイナンス支援センター代表理事及び株式会社ソーシャルビジネスパートナーズ 代表取締役 澤山弘さん

【ストーリー概要】
社会問題をビジネスの手法で解決しようとするソーシャルビジネスでは、資金が重要なのだが、弱点にもなっている。金融機関での経験と社会問題を解決したい思いが結びつき、ソーシャルビジネスの資金対策の支援活動を始めた。その背景には、高校時代に大学紛争を身近に見てショックを受けた体験があった。「あんな風に何かに打ち込みたい。けれども、あのやり方ではだめだ。」という想いから、地域の問題を具体的に解決すべく、川崎の公害問題に関わるサークルに入った。それが社会問題との出会いだった。
【プロフィール】
横浜市生まれ、東京都品川区在住。
大学入学時の「新歓」で、公害の街「ここ川崎から呼びかける!」という呼びかけに惹かれ、川崎での地域活動サークルに入部。
日本長期信用銀行という大型融資中心の銀行に入ったものの、1998年の「金融危機」で破綻(新生銀行に)。
信金中金(信用金庫の中央組織)に移り、地域金融に関わる中、2000年代半ば、萌芽期にあった「ソーシャルビジネス」に遭遇。
「社会性」と「事業性」を同時に追求しつつ、社会課題の解決を目指す「社会起業」のうねりに共鳴。
2011年、金融機関OBや公認会計士の仲間と(一社)ソーシャルファイナンス支援センターを設立し、ソーシャルビジネスの立ち上げ支援を開始。
(株)ソーシャルビジネスパートナーズという会社で、地域の若者や地元企業がおカネを出し合う「市民出資ファンド」づくりを支援。
地域おこしや再エネ事業に乗り出したりするときの、事業計画づくりや資金集めをお手伝いしている。
【SNS等】
(一社)ソーシャルファイナンス支援センターHP:http://sfsc.jp/fund.html

(Visited 313 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

この動画チャンネルを見る