誰かの居場所になれる人でありたい!からほり倶楽部理事 ワタナベナオミさん

【ストーリー概要】
大阪の空堀を中心に、まちの魅力を発信しているワタナベ ナオミさんにお話を伺いました。ナオミさんは、「誰かの居場所になれる人でありたい」という想いで、まちの人たちの話をよく聞き、そのニーズを活かした実践をしています。今回は、ナオミさんの活動の背景に何があるのか、語っていただきました。

【プロフィール】
ワタナベ ナオミ
からほりごはんのなかのひと/からほり倶楽部理事/オープン台地実行委員会幹事
大学時代、都心のど真ん中に人々の暮らしが溢れている空堀のまちに衝撃を受け、卒論のフィールドワークに。それがそのままライフワークになり、今に至る。

【SNSリンク】
note
https://note.com/piyolabo

からほりごはん
https://facebook.com/karahorigohan/

(Visited 142 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です