日本人初インドのヨガビザを取得。古代の叡知・ヨガを伝えるヨガスペシャリスト― 畠山桂子・Junaさん

【ストーリー概要】
幼稚園時代の遊び相手だった明治生まれの大祖母。その読書で登場するのは魂に関する本だった。そして、その頃ずっと唱えていたのは、”インドの山奥で修業してー”というレインボーマンの歌。
肉体だけを鍛えすぎると、心が頑なになることをわが身を持って体験し、人間の真の健康とは何かを追求。母の病による余命の宣告からヨガでの生還劇をみて、ヨガの道、意識的な探究の世界へ入る。
人類皆が、日々の実践を通して心の成長を果たせるよう、現在、指導活動を通してその叡知を広く普及されていらっしゃいます。

【プロフィール】
畠山桂子・Juna
1968年生まれ、千葉県船橋市出身
ヨガスペシャリスト
コンサルティングサロンYogini Beauty代表

1998年よりヨガインストラクターを務めるも、日本のヨガの方向性に疑問を感じ、日本人初インドのヨガビザを取得し、ヨガ留学。5年間本場のヨガを学び、インドにヨガの学校をつくる夢を抱くも、ヨガメンターに「お前が日本で教えないで他に誰が教える⁉︎」と言われ、泣く泣く帰国。
帰国後、港区のお寺でヨガ教室を開く。現役インストラクターの立て直しと育成に注力。
現代心理学や哲学などの座学と、古代の科学を一体化させて現代人の心の悩みに応えるヨガ指導として評判となる。
現在は、新しい時代のヨガの啓発活動として、知的能力開発の支援、哲学でコーチングを行っている。

【SNSリンク】
★HP
https://beyogibeauty.jp
★YouTube
Keiko Hatakeyama

(Visited 220 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る