『幸せをあきらめる人を一人でも減らしたい!伝えたい想いがあふれ出た 土原翔吾さん 』

【ストーリー概要】
小さい頃から祖父母から自分が失敗したようなことがあっても「大丈夫だよ!翔吾なら出来るよ!」と声をかけ続けてくれていたことが、どんなことも、先のことを考えるのではなくやってみよう!という前向きな気持ちでやれるのも、そうした祖父母からの言葉かけがあったからだと仰る、つっちーさん。中学校教師という立場で生徒たちに向き合う中、いろんな世界を知らない自分を振り返った時に魅力的な車いすユーザーとの出会いによって教師を辞める決断をされたのですが、障害者に対して、自分がイメージしていたことが変わったことはたとえ事故になって歩けなくなったとしてもその人がポジティブにあきらめないで乗り越える力がとても魅力的だったからと今の活動に至るまでのお話はとても興味深かったです。幸せをあきらめそうになる子供たちにとって希望だなと感じました。とても魅力的なつっちーさんなのでお楽しみに!

【プロフィール】
名前 土原翔吾(つっちぃ)
出身地 大阪府阪南市
活動地 兵庫県神戸市を中心に全国
経歴 あふれ出た教育者つっちぃ 大学院終了後、理科教師となったが、不登校生徒、魅力的な障がい者との出会いで、 自分の先入観と偏見に気付き、教師を辞し、 障害福祉NPO法人をはじめ、複数の社会貢献団体の立ち上げに携わり広報を担当。 現在は企業のPRや広報に携わる。 活動の1つが令和3年度より文部科学省検定教科書中学社会公民の教科書に掲載。

【SNSリンク】
◆Facebook https://www.facebook.com/shogo.tsuchihara/

◆Instagram https://www.instagram.com/sumauniversalproject/ 

◆Twitter https://twitter.com/tsucchixi

(Visited 29 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る