誰もが自分自身の人生を味わい尽くせる社会をつくりたい/矢尾眞理子さん

【ストーリー概要】
誰もが自分自身の人生を味わい尽くす社会をつくりたいという想いで、介護の情報発信や講座、企業研修やネットワークづくりなどをされている、矢尾眞理子さんにお話しをお伺いしました。正解の押し付けにならないように、家族にあった介護を一緒に考えることを大切にしています。自分の気持ちを話すことが苦手でしたが、介護コミュニティと出会ったことで大きく変化し、今の活動をするきっかけとなりました。

【プロフィール】
1970年 東京都生まれ 介護福祉士 介護支援専門員 20代の時、無資格・未経験のまま高齢者介護の世界に飛び込み、施設、在宅の現場で働きながら資格を取得。高齢者から生き方を学び、価値観を揺さぶられる仕事にやりがい感じた頃に、60代の父が認知症になり家族介護を経験し、親が老いる事を受け止めるまでの葛藤を実感する。以後、介護を通してそれまでの自分の暮らしを手放さず、老いを軽やかに受け止められるために、自分が持つ知識・情報・経験を必要な人に届けるため一般社団法人マリーゴールド設立し、企業や地域での研修、SNSでの情報発信をしている。

【SNSリンク】
★HP
http://happymarigold.com/

★Twitter

(Visited 173 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です