自尊感情を育くむための自己尊重ラボ代表 北村年子さん

【ストーリー概要】
中学校でいじめを苦に自殺する事件を知り、生きる希望がわくような本をという思いで、少女200人を取材した「少女宣言」を出版。

自尊感情(セルフ・エスティーム)を育くむための自己尊重ラボを設立。子どもの心が安心できてつながる関係性を育み、自己尊重を高める活動を行っている北村年子さんにお話を伺いました。

【プロフィール】
滋賀県生まれ、京都府育ち。
文芸誌・女性誌の編集者を経て、フリーランスのノンフィクションライターとなる。
20代女性の視点で、少女200人を取材したデビュー作『少女宣言』が話題を呼ぶ。 以後、女性・子ども・教育・ジェンダーをおもなテーマに活動し、思春期電話相談員、ラジオDJとしても、親たち子どもたちの悩みにむきあう。
虐待防止・子育て支援にとりくみながら、「幸せな子どもは、幸せな大人から生まれる」をモットーに、あらゆる人の自尊感情(セルフ・エスティーム)を育くむための「自己尊重ラボ Be Myself」を設立。自分自身を愛する「自己尊重トレーニング」「マインドフルネス講座」「アサーショントレーニング」など、段階的に学ぶプログラムが、多くの参加者の好評を得ている。
2008年、「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」を発足、代表理事ととなる。子どもたちの野宿者襲撃から、あらゆる「弱者いじめ」「自分いじめ」をなくしたいと、教材用DVD映画“「ホームレス」と出会う子どもたち”を制作。「ホームレス」を題材にした「いじめ防止」の画期的な教材として反響をよび、全国の学校、児童館等、教育現場で広く活用されている。(東京都教職員研修センター・人権教育資料センター選定ビデオ教材)
2010年、女性や社会的弱者の視点にたった人権活動が認められ、第6回やよりジャーナリスト賞(女性人権活動奨励賞)を受賞する。
ラジオパーソナリティとしてもFMヨコハマ(84.7㎑)「ちょうどいいラジオ」等で、不定期出演。今年9月【YouTube:北村年子ねんこチャンネル】を開設し、幅広い世代に発信中。

●主な著書
・『子どもに「ホームレス」をどう伝えるか―いじめ・襲撃をなくすために』(生田武志・北村年子共著 ホームレス問題の授業づくり全国ネット編)
・『ま、いっかと力をぬいて 幸せなママになるレッスン』(赤ちゃんとママ社)
・『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち―いじめの連鎖を断つために』(太郎次郎社エディタス)
・『おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング』(学陽書房)
・『子どもを認める「ほめ方・叱り方」―愛が伝わる幸せ子育て』(PHP研究所・在庫切れ)
・『たった5つの冴えたやりかた―プリンセス・プリンセス・インタビュー集』(シンコーミュージック)
・『少女宣言』(長征社)ほか。
・共著『生きることの発見―いま、若者たちに伝えたいこと①』(NPO法人フリースペースたまりば)
・共著『貧魂社会ニッポンへ 釜ヶ崎からの発信』(アットワークス)
・編著『現代のエスプリ 10代の言い分』(至文堂)
・共著『戸籍から「個籍」へ』(ゆじょんと)
・共著『いじめ 今、親にできること』(木馬書館)

【SNSリンク】
自己尊重ラボHP https://labo-bemyself.com/
ブログ http://kitamuratoshiko.cocolog-nifty.com/
twitter https://twitter.com/arigato55
youtube https://www.youtube.com/channel/UCHFayVe9V2ShJk2ajFmp0sA

(Visited 150 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る