アバター

吉田 純

双子の弟との相対比較により、人間嫌いになり、SEの道へ進む。ITが進化し続ける中、人間の存在意義を模索するようになる。「人間の意識の作動原理とコンピュータの作動原理をイコールにする技術」との出会いが人生の転機となり、ITと人間がWin-win all winとなれる社会づくりに取り組む。
fukunaga.png
12

人生100年時代を生きるプロフェッショナルのコミュニティをつくるー福永光一さんインタビュー

【ストーリー概要】 60歳で独立するまでは大企業に在籍していたものの、内心では企業に頼らない自負心を持っていたと語る福永さん。新人の時の配属が意に沿わなかったことから、9年間という時間をかけてコンピュータサイエンスを学び […]