発明による創造的リーダー育成により組織変革を促す「発明塾」を主催 TechnoProducer 株式会社 代表取締役 楠浦 崇央さん

【ストーリー概要】
みんながどんどん発明をして「おもろい人生」にしていけば、新しい価値が生まれ、組織も変革させていけると熱を込めて語る楠浦社長。「おもろかったと言って死にたい」と語る数学の恩師に触発され、メーカーでの開発経験、ベンチャー企業のビジネス経験、大学講師を経るなど、様々な出会いの末に念願の発明教育の事業にチャレンジすることに。
【プロフィール】
1995年 京都大学工学部機械工学科卒
1997年 京都大学大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻(現:エネルギー科学研究科エネルギー変換工学専攻)修了
各種金属材料、特に航空機用チタン合金の疲労強度と熱処理/ミクロ組織の研究を行う。
卒業後、川崎重工業株式会社にて大型オートバイのエンジン開発に従事。
2002年から株式会社小松製作所にて、風力発電関連新規事業開発に従事、開発・設計・生産技術・営業を担当。
その後、2004年に研究開発ベンチャー「SCIVAX 株式会社」設立、CTO 兼ナノインプリント事業責任者。 特許情報分析を活用し、戦略的な技術開発・事業開発の手法を独自に開発、実践。 常識破りの発想で、マサチューセッツ工科大学(MIT)が選ぶ「世界を変える10大技術」の一つに挙げられながらも実現は不可能とされた技術の開発や、誰も気づかなかった新用途開発を次々に成功させる。
企画立案した新規事業は投資家より高く評価され、一部は大手化学メーカーへExit。
2008年にTechnoProducer株式会社設立、取締役就任(現 代表取締役)。 次世代の「知識創造」を担う「創造的リーダー」人材の育成を目指し、京都大学にて「発明塾」を開始。 発明塾生と共に、高校・大学での「発明塾」開催にも尽力し、更に若い世代の育成にも力を入れる。
世界中の企業内で「発明研究所」が設立されることを目標に、 オンラインで手軽にノウハウを学べる「e発明塾」と発明の実働支援を行う「企業内発明塾」を開始。
【SNSリンク】
HP:https://www.techno-producer.com/
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCqGt…
note:https://note.com/kusuura
Twitter(企業アカウント):https://twitter.com/techno_producer
Twitter(個人アカウント):https://twitter.com/kusukusu105

(Visited 43 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です