自分を信じてやり続ける 株式会社Win-Win Palette代表取締役 古野奈津恵さん

「心と体はつながっている」というコンセプトの下、酵素風呂やオールハンドのマッサージを用いて健康で幸せな生き方を提供している古野奈津恵さん。自分を信じて新しい試みをどんどんしていく背景には、大切な人の死という深い痛みがありました。そんな古野さんにお話を伺いました。

プロフィール
出身地 福岡県
活動地域   福岡県、バリ
経歴   一般企業で約20年間経理・総務のキャリアを積む
2008年6月 NPO法人バリ教育交流協会 理事着任(現在も着任)
2009年3月 Win-Win Paletteを開業。日本とバリ島の人脈を生かして交流活動(主にバリ雑貨卸販売・教育・文化・コミュニケーション)を手がける
2011年11月より3年間生保に勤務し、営業経験を積む
2015年2月 福岡市中央区大名に、バリ式酵素温浴ヒーリング&バリニーズ・マッサージ『BOKA SPA(ボカスパ)』を開業
2017年7月 福岡市中央区警固に2号店『BOKASPA Dua警固店』をオープン。同年 7月 『株式会社Win-Win palette』開業。自社オリジナル酵素・健康食品・化粧品・インドネシア バリ島への実技研修・ライセンス取得ツアーの企画・手配など、「心と体はつながっている」をコンセプトに、癒しの提供を行っている
現在の職業および活動 株式会社Win-Win Palette代表取締役、BOKA SPAオーナー
座右の銘 和顔愛語(穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接すること)

心と体の健康を土台に、誰もが自分を確立していくWin-Win Palette

Q:どのような夢やビジョンをお持ちですか?

古野 奈津恵さん(以下、古野さん)   人生を幸せに生きるためには、心と体が健康であることが大切です。心と体はつながっているので、両方のケアが必要になります。今はストレスが多い社会ですから、バランスを崩して不調になる人がたくさんいます。私は病気はなってから治すのではなく、予防医学の考え方が大事だと思っています。普段から自分の心と体をケアしてあげることです。又、どんな食事をするかもとても重要です。さらに範囲を広げて見ると、人の心身に影響を与えるのは環境ですから、地球環境のことも考える必要があります。酵素風呂の微生物やボカシオイルのEM菌は地球環境に優しいので、安心して取り扱えます。BOKA SPAに来て帰る時には、お客様が心身ともに少しでも癒され、健康になっていってほしいと思っています。

   実は私自身は技術者ではありません。当サロンで扱っている製品のことはもちろん把握していますが、施術はできません。普通のサロンでは、オーナーがセラピストで、そこに師事する人たちがスタッフとなって運営しています。私はサロンが大好きでたくさん通っていた側です。だからこそお客様目線が理解できるので、お客様にとって必要なことを提供することができます。BOKA SPAからお客様が帰られる時には、全然お顔が違って開くような笑顔になられます。その姿を見るだけで、とても嬉しくなります。

   心と体の健康には多方面からのアプローチ方法がありますので、私は酵素風呂にこだわらず、良いと思ったものはどんどん取り入れています。物販もやっていますし、今後も時代の流れに合わせて、アイディアが閃いたものは取り組んでいきたいです。

   心と体が健康な人がどんどん増え、自分が活躍できる場を見つけて欲しいと思っています。そんな人たちの出会いによって、新しいご縁やビジネスを生んでいきたいです。それはまるでバラバラな色が混ざり合ったら、見たこともない新しい色が生まれるパレットのようだと思っています。そんな思いを込めて「win−win palette」という名前をずっと使ってきました。これからも個性を生かしあいながら新しいことを生み出していき、社会貢献もしていきたいです。

世界進出へ

Q:「心と体の健康を土台に、誰もが自分を確立していくWin-Win Palette」へ向けてどのような目標や計画をお持ちですか?

古野   BOKA SPAを始めてから5年が経ちました。酵素風呂やオールハンドのマッサージは、人の手が必要な仕事です。その技術を知りたいと、訪ねに来る方もいらっしゃいます。試行錯誤しながらですが、今では技術が体系化できたので、今後はもっと多くの方たちに取り組んでもらえるようフランチャイズ化していこうと思っています。

   又、ペット用の酵素やボカシオイルを扱おうと考えています。ペットもストレスが多く、病気になります。ペットの治療にはお金がかなりかかります。酵素やボカシオイルで日頃から健康に取り組んで、飼い主と楽しい時間を過ごして欲しいです。

   ゆくゆくは日本に留まらず、世界へ進出したいと思っています。今、考えているのは海外の空港内に、BOKA SPAを開設することです。世界のハブ空港には意外とリラクゼーションサロンがわずかしかありません。タイミングを見て、ここに進出したいです。

自分を信じてやり続ける

Q:その目標や計画に対してどのような活動指針をもって、どのような基本活動をしていますか?

古野   私は25年間会社に勤め、経理をやってきました。昔からいつか会社をつくりたいと思っていましたが、いざ起業した時は、経理だったわたしには右も左もわからないことばかりでした。やったことのない中で、始めるには勇気が必要でした。いつもどう経営するか、新しいものはないか、アンテナを張って考えています。すると「これはいいかも」と勘が働くことがあります。思い切ってそれを実行すると、必ずうまくいきます。もちろん実行するまでに徹底的に調べますが、勘が外れたことはありません。全て思った通りになってきたのです。もちろん実行する時には不安や怖さもあります。けれど私が進まないと全てが止まります。愚痴やマイナスなことはなるべく言い過ぎないようにして、私は自分を信じてやり続けるだけです。

バリでの酵素風呂との出会い

Q:「心と体の健康を土台に、誰もが自分を確立していくWin-Win Palette」と思うようになったきっかけや出会い、発見は何ですか?

古野   私は昔からバリが大好きでした。癒しのサロンには国内外問わず色々行っていましたが、バリは格別でした。6年ほど前に、体調を崩した時もバリにいきました。そこで酵素風呂に出会ったのです。以前から酵素風呂の話題を耳にしたことがあったので、「酵素」というワードがずっと頭の片隅に残っていました。それでバリで酵素風呂に出会った時、心と体がとても癒され、「これだ!」と思ったのです。そこから起業する決断をし、わずか3ヶ月でサロンを立ち上げました。

   バリは私にとって特別な場所です。今でもよく行き来しますし、行くと次元上昇して新しいアイディアが湧いてきます。

戦うことを止めた

Q:「バリでの酵素風呂との出会い」というきっかけの背景は何ですか?

古野   6年半前のある日、2歳下の弟が癌だとわかりました。弟とは仲が良く、つい先日まで元気だったのに、あまりにも突然の宣告でした。大切な家族の死を目前にすると、本当に藁をもすがる思いになります。当時、私はまだ免疫療法や食事療法といったことに対する知識もありませんでしたが、何か弟を救う道はないかと必死で色々調べました。その中で見つけた代替療法を提案してみましたが、治療方針の是非は色々な考え方があり、家族全員の意向が一致せず、従来通りの治療方針で行くこととなりました。そしてわずか数ヶ月の闘病生活の後、弟は息を引き取りました。あっという間すぎる弟の死のショックから立ち直る間もなく、その3ヵ月後、ある朝主人が心筋梗塞で還らぬ人となりました。さらに3ヶ月後には主人が可愛がっていた猫も後を追うように亡くなったのです。

   一気に大切な家族を失い、私は心のストレスから体調も崩していきました。首のヘルニアで体の至る所に激痛と痺れが走ります。鎮痛剤を通常の量以上に飲んでも効かず、夜も眠れません。終わりが見えない痛みと苦しみに、一人で耐えるしかありませんでした。

   そんな時、仕事でバリに行った時に酵素風呂に出会いました。心と体が癒され、健康の大事さ、心と体が繋がっていることを実感しました。「これで人を助けていける!」そう思い、帰国後すぐに起業してサロンをオープンしたのです。

   振り返ってみると、人生で一番下まで落ちたこの時に、私はずっと戦い続けてきた人生に終止符を打ちました。同じことでもプラスにもマイナスにも考えられます。シンプルに良い方に考えていくことが、穏やかな心や人間関係をつくり、心を健康に、そして体を健康にしていくと思います。これからも戦うのではなく、「和顔愛語」で生きたいと思っています。

   25年間経理にいた私が、会社を興してから5年が経ちます。何もわからないところから試行錯誤しながらずっと走ってきました。新しいことをどんどん取り入れていく私に、スタッフたちは大変な思いをすることもあると思います。私は技術者ではないので、スタッフたちの気持ちが汲み取りきれないところがありますし、サロンのためにもお客様目線で言いたいことはしっかり言います。その分、しっかり結果を出せるよう全力を尽くしています。私たちの仕事は間違いなく、代わりがきかないものですし、心身ともに健康と癒しを提供できるとても素晴らしい仕事だと思っています。ここまで一緒にやってきてくれているスタッフにはとても感謝しています。これからも共に、心と体が健康で幸せな生き方を多くの方たちに提供していきたいです。

読者への一言メッセージをお願いします

古野   自分がワクワクする「やりたい!」と思うことを思いっきりやってみてください。一回しかない人生だから、やらなくて後悔するよりも、やって後悔する方が良いと思います。

記者  心と体の健康を提供されている今の活躍の背景には、大切なご家族を一気に亡くされるという壮絶な出来事があり、それを通して、戦わずに心穏やかに生きることが心も体も健康にしていくという気づきがあったからなのですね。古野さんが自分を信じて実践し続ける先に、たくさんの人たちの笑顔が広がっていますね。今日は貴重なお話をありがとうございました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~

古野さんの詳細情報はこちら↓↓

BOKASPA(ボカスパ) | 福岡市大名・警固のバリ式酵素温浴ヒーリング(酵素風呂)&バリニーズエステ

【編集後記】
今回、インタビューを担当した小水です。
朗らかな笑顔と、どんな困難でも自分を信じてどんどん前進していく力強さを持った古野さん。その背景には、終わることのない戦いの中で、大切なご家族の死に直面するという壮絶な人生がありました。今は誰もが穏やかな心で生き、心も体も健康になっていく生き方を提供するために全力を尽くしておられます。その姿には深い愛情と慈悲を感じ、胸にこみ上げるものがありました。
今後の古野さんの益々のご活躍を応援しています!

(Visited 38 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です