ホームスクーリングで輝くみらいタウンプロジェクト 「地域のみんながHome!」の社会をつくる 小沼陽子さん

【ストーリー概要】
息子さんの不登校をきっかけに、周りにわかってくれる人がいない不安や孤独、社会の生き辛さを経験。
問題なくレールに乗った生き方から、自ら選択し新しい未来を創っていく生き方へご自身も変化され、親同士や地域との繋がりをつくり、街全体が安心の「ホームスクーリングタウン」となる未来を目指して活動中の小沼陽子さんにお話を伺いました。

【プロフィール】
茅ヶ崎市生まれ。藤沢市在住。中央大学 文学部卒業。1997年オリックスグループに入社、環境事業立上げに参画。翌1998年事業分社化に伴い、オリックス環境㈱へ出向移籍、創業メンバーとして主に渉外を担当。2004年長男出産、2007年長女出産。
長男が不登校となり、不登校児の母親として辛い思いを経験をし社会の生きづらさを感じる。2016年オリックス環境㈱を退社、大前研一氏創立「一新塾」に入塾。2017年2月「ホームスクーリングで輝くみらいタウンプロジェクト」を立上げる。我が子の不登校をきっかけに、20年間勤めた会社を辞め、考え方・生き方を転換。不登校などの理由で孤立し元気を失っている親子が生きやすい社会を目指して活動している。

【SNSリンク】
◼︎ホームページ
https://homeschooling-town.com/

◼︎Facebookページ
https://www.facebook.com/HSkagayakumiraiPJ/

◼︎Twitter

(Visited 169 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です