本当の情報・ものの価値を伝え若手企業家をサポートするプラットフォームを創る -柳町 一磨

【ストーリー概要】
若者が夢や希望を描くためにもたくさんある情報、ものを効率よく回すことが必要であるとし、そこに至るまでのきっかけや気づきを中心に若手起業家の柳町一磨さんからお話しを伺いました。

【プロフィール】
24歳でアイシンのシステムエンジニアを辞めて脱サラする。
個人事業主として革小物を製作するクリエイターとして活躍しながら、世界のSDG’sや脱石油の動きをいち早く捉え、農業×バイオ×IoTの国を挙げての大規模プロジェクトに参入する。

将来の夢は地元東北に帰り、子供たちや家族と無肥料・無農薬の野菜を育て地球環境にやさしい農業をすること。
その野菜を移動販売しながら全国各地を旅すること。

私生活でも25歳にして4児のパパである。現在は合同会社KrafKusの代表取締役、若手起業家として、多くの人に世の中の仕組み・真実を知ってもらうために奮闘中。

【SNSリンク】

HP

http://krafkus.info

Facebook

:https://www.facebook.com/profile.php?id=100057386645992

(Visited 75 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です