体の使い方を改善することで心身ともに能力を引き出すプロトレーナー

達人といえるような能力の高い人に共通しているのは、共感力であり、相手の感情や感覚をコピーしているように感じとることができる。
人はもともと根っこではつながっているので、その感覚を思い出すことで誰もが能力を発揮し、体も心もコントロールできるようになると語る土橋さん。
今やりたいことがたくさん出てきている中で、特に最近は「身体共感」というものを通して、人とつながり、世界とつながっていく体の使い方をすることで驚くほどパフォーマンスが向上する。これは全人類に伝えていきたいと思っているものなので、医療や教育の指導者の方はもちろん、より多くの方々にわかりやすく伝える方法を開発していきたい。

【プロフィール】
土橋 健一(つちはし けんいち)
1982年生まれ。同志社大学卒業後、京都のメーカーに就職。
自分自身が生きづらさを抱えていた経験から、アレクサンダーテクニークに出会う。その教師を目指し、会社勤務をしながら2014年に教師資格を取得。
日本で唯一アレクサンダーテクニークとNLPマスタープラクティショナーの両方の公認資格を持つ心身コントロールの専門家として、各種レッスンを実施。
これまで、島村楽器より全国発売の音楽家向け姿勢バランスマットのプロデュースや大阪芸術大学の非常勤講師を務める。
現在は、人や世界とつながる身体技術「身体共感メソッド」を考案し、世界に伝えるべく活動を行なっている。
アレクサンダーテクニーク講師
NLPマスタープラクティショナー
アドラー心理学コーチングトレーナー

【SNSリンク】
★HP:http://alex-kyoto.com

★フェイスブック:https://www.facebook.com/kenichi.tutihashi

★ツイッター:https://twitter.com/alex_kyoto_

(Visited 137 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です