しずけさとユーモアを 下町の小さな出版社 センジュ出版 吉満明子さん

【ストーリー概要】
北千住の6畳2間のちいさな出版社と小さなカフェを立ち上げた。
しずけさとユーモアと遊び心とともにくらし本と本を編む。(エイ出版社書籍情報より抜粋)
そんな生き方を選んだ吉満明子さんにお話を伺いました。
益々のご活躍楽しみにしております。
【プロフィール】
1975年福岡県生まれ。編集長職や取締役を務めたいくつかの出版社勤務を経て2015年、東京都足立区千住の自宅そばに「株式会社センジュ出版」を創業。現在は書籍編集の傍ら、文章講座の講師や、企業や自治体、大学などで講義活動も行う。著書に『しずけさとユーモアを』(エイ出版社)。

【SNSリンク】
★Facebook
https://www.facebook.com/akiko.yoshimitsu

★Instagram
https://instagram.com/akiko.yoshimitsu?r=nametag

★Twitter

—————————-
インタビュアー:相原弘明
この動画記事は、Re・rise News に掲載されています。

トップページ

(Visited 15 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です