合唱で学んだ、一人一人を生かしてハーモニーを奏でる学びの場校長の中川彩さん

【ストーリー概要】
「子ども達が自ら学べる学校を作りたい!」
中学1年の頃からの夢を実現するため活動されている中川彩さん。ご夫婦でマゼルプロジェクトという教育事業を立ち上げました。子供達が自ら計画し実行、失敗があれば修正、いわゆるPDCAサイクルが自分でできるよう、チャレンジすることを大事にする学びの場を全国展開していく夢を実現中です。

8歳の頃から所属していた合唱団の海外遠征などで海外の文化に触れ、現地の学校との交流を経験していた彩さん。
この夢を持ったきっかけは、通っていた中学校では自分の個性を受け入れてもらえず、海外と比べて自由が少なく窮屈に感じたことでした。

合唱はハーモニー。つまりみんなと調和すること。それぞれの声の個性や役割を尊重しお互いに高め合い1つのゴールを目指すこと。これを通して学んだことが、今の教育事業の理念に反映されています。

「私がこの世に生を受けたのは、私の役割があるからだ」と使命感を持って日々精力的に活動されています。

【中川彩さんプロフィール】
8歳で地元の合唱団に入団し、海外演奏旅行で訪れたハンガリーの合唱教育の奥深さに惹かれ、高校卒業後はハンガリーの首都ブダペストにある大学へ進学する。

帰国後はハンガリーの合唱曲を中心に各地で指導を行う傍ら、現在はマゼルプロジェクトの校長兼メンターとして、日本の教育課題にも取り組んでいる。
将来の目標は、音楽を中心に様々な教科を学ぶクラスカリキュラムを主軸とした学校を創る事。

HPのURL: https://mazel.pro/

【SNSリンク】
✴︎Facebook→中川彩
https://www.facebook.com/profile.php?id=100022210926996

✴︎Instagram→Ayapogi
https://www.instagram.com/aya_pogi/

—————————-
インタビュアー:飯塚真紀

(Visited 41 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】