アフリカで現代の寺子屋を運営する 一般社団法人 モザンビーグのいのちをつなぐ会 代表 榎本 恵さん

【ストーリー概要】
企業人として資本主義社会の最先端を経験し、ベンチャー企業人としてモザンビークに行ったところ、現地での貧困問題、資本主義の矛盾、欧米が広めた文明の限界にショックを受けた。このため、この地で、教育、生活改善、仕事づくりを促進させる場づくりを支援することを決意。現代版寺子屋を現地スタッフと共に立ち上げ、多くの青少年を中心とする現地の人たちを護り、育て、自立させる実践活動を続けている。

【プロフィール】
榎本 恵 Megumi Enomoto
◆ 福岡県北九州市小倉生まれ。ペンバ・ナティティ地区在住。
◆ 大学卒業後、広告代理店で販促・ブランド開発・商業開発に関するプランナー&コピーライターとして勤務。
◆ 2000年起業・事業拡大支援を行う Planning MAY を開業。インキュベーション事業、販促、人材育成などを行う。
◆ 2012年、日系企業のモザンビーク進出をきっかけに、初めてアフリカの地を踏む。半年間、新規事業開発業務を行う。
◆ 環境問題と貧困問題のジレンマ、先進国と後進国の都合論の不調和を少しでも解消すべく2013年4月『NGOモザンビークのいのちをつなぐ会』を設立。 2018年12月、一般社団法人化。

【HP・SNS】
★モザンビークのいのちをつなぐ会HP:
http://www.tsunagukai.com/
★Facebook:
モザンビークのいのちをつなぐ会
http://www.facebook.com/tsunagukai
榎本 恵
http://www.facebook.com/megumi.enomoto.355

(Visited 57 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】