常識にとらわれず実践すれば道は開ける 世界環境サミット会長 縦糸文化構想提唱者 平井正昭 さん

【ストーリー概要】 今までの文明は、平面的な発想しかなかった。地球のほんの表面の視点の中でしか発想できず、それはいわば横糸型文化だという。それでは、狭い範囲の中で、環境破壊、資源の奪い合いや争いが絶えない。国と国の境界線で争うこともそうだ。よりよい文明を生み出すためには、縦糸型文化が必要だという。具体的には、海や空中、宇宙というまだ未開拓の縦の空間から水や電力、あらゆる資源を取り出すことができるし、その先に空中都市、海底都市、人工惑星さえもできる。既に宇宙エレベーターや飛行船は、今の技術でも十分可能だ。自らも空中から水を取り出す装置や電気を生み出す装置を製作して製品化で実践している。素人だからこそ、「既存の常識にとらわれずに実践すれば道が開ける」ことを身を挺して提唱されている。その背景にあるのは、そもそも「なぜこんなに生きるのが苦しいのか」という疑問から本質を探究することが始まった。 【プロフィール】 縦糸文化提唱者 世界環境サミット会長 Gホールディングス株式会社 会長 Space ph(スペースフィリピン)chairman(会長) 浮世絵外交士 〇環境プロジェクト ・環境債権プロジェクト ウズベキスタン、フィリピン、キプロス、日本グリーンボンド ・ゴミ資源化プロジェクト「Space ph共同プロジェクト」 ・空中都市プロジェクト「Space ph共同プロジェクト」 ・人工惑星スペースコロニープロジェクト「Space ph共同プロジェクト🇯🇵🇵🇭」 など 〇大使館 浮世絵寄贈&インタビュー カンボジア、ケニア、パキスタン、台湾、イスラエルなど多数 〇ライセンスその他 PCT 国際特許申請 超電動発電機 特許申請中 カーボンナノホーン製造特許(専用実施権) その他 【HP・SNS等】 ・FB:https://www.facebook.com/ngo.ahs ・世界環境サミット in SDGs Virtual City HP:https://www.worldenvironmentsummit.com/ YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCsps7YkEVVf72tjgV5OYgfQ Twitter:https://twitter.com/virtualsdgscity ・世界環境学⽣サミット HP:https://www.wes-summit.com/ Instagram:https://www.instagram.com/summit_stu_dents/ Twitter:https://twitter.com/studentsummit20 ・Gホールディングス株式会社 HP:https://g-holdings.info/ ・Space ph(スペースフィリピン) FB:https://www.facebook.com/space.ph.maharlika/
(Visited 117 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】