「夢がある子を応援したい!」Dance School BRIDGE代表 橋本祐里さん

Dance School BRIDGEで韓国との架け橋になるK−POPアイドル育成。
夢がある子を応援したい!
橋本祐里さんにお話しを伺いました。

プロフィール
出身地 福岡県豊前市
活動地域  福岡、韓国、九州各地
経歴 1988年生。幼少期から歌やダンスが好きで、大学時代から本格的にダンスをはじめる。福岡ソフトバンクホークス公式チアリーディングチームハニーズに抜擢され芸能活動に入る。芸能活動を経験し、模索する中でK−POP ダンスとの出会いを機にダンススクールBRIDGEを設立。
現在の職業および活動  ダンススクールBRIDGE 代表 兼 ダンスインストラクター
座右の銘  『従業員満足がなければ顧客満足はない』

「夢がある子を応援したい!」

Q:どのような夢やビジョンをお持ちですか?

橋本 祐里さん (以下 橋本 敬称略) BRIDGEの名前でもある韓国との架け橋になるだけでなく、「K-POPアイドルになりたい!」と思っている子たちの応援をしたいです。立ち上げのきっかけは、「なんでも、夢がある子を応援してあげたい。」というところにありました。一人ひとりが、ある目的に沿うただのダンススクールでなくて、夢を持っている子たちを応援し、夢に沿って楽しみながら目的を達成できる、そんなダンススクールを目指しています。

 韓国から芸能事務所を呼んでオーディションをしたり、ダンスが上手くなりたい子たちも育っていってほしいです。オーディションに受かる子は気持ちがしっかりしています。だから私もクラスによって態度を変えているんです。まずダンス好きになってもらい、そして、レベルがあがると、厳しく言います。「そんなので人前に立てるの!?」と。私が本気で向き合うから、本気で挑むいい子ばかりが来てくれます。なので、厳しく言われたことによって辞める子は居ません。それは本当に有難いことです。ずっとBRIDGEにいなくてもいいと思っています。それよりも、みんなが夢に近づくためのサポートをし、最終的にはみんな一人ひとり夢を叶えて羽ばたいてほしいと思っています。

 BRIDGEのインストラクターたちも同じような考えでついてきてくれていて、しっかりとみんなをサポートしてくれる自慢の仲間たちです。「夢、目標がある子はうちにおいで!」って言ってあげたいんです。

画像2

時代を読み、生徒と共に学び成長して手本になる

Q:「夢がある子を応援したい!」へ向けてどのような目標や計画を立てていますか?

橋本  小さい目標として、「BRIDGEから韓国の事務所の練習生を出したい」というのがあったのですが、今は5ー6人を生み出していて、ある程度達成できたと思います。

まずは私がお手本にならないといけないと思っているので、自分が時代に沿って、常に勉強する身でいたいと思っています。どんどん知識を入れながら、どうすればその子が輝くか?どうすればオーディションに入れられるか?ダンスでも流行りはどういう踊りができる方が有利なのか?自分もオーディションをしたり、オーディションを見たりと、教えるだけでなく学び続けています。今の時代を読みながら、学び、生徒とともに成長し、その上で結果が出たらいいなと思っています。


Q:その目標や計画に対して、現在どのような活動指針を持って、どのような基本活動をしていますか?

橋本 BRIDGEに来てくれる生徒の憧れ、「こういう人になりたい!」と思ってもらえるよう心掛けています。自分自身の行動や発言、スタイルキープとか、美意識、そういうところで自分がお手本になれなかったら、みんなも「この先生で大丈夫かな?」と思うだろうと思うんです。だから、自分のレベルをキープしてみんなに安心と自信感を持ってもらいたいと思っています。ですから、人前に立つ仕事をしなくなった今も、日常から気をつけています。みんなの目に写っていない時でも、「自分は常に見られている」という意識を絶やさずにいます。「自分が外れたことをするのはダメ!」「まじめでいないといけない!」と思っています。それは決してストレスではなく、何百人もを指導している立場だから「こうありたい!」と思う自分でいたいのです。

画像3


Q:「夢を応援して架け橋になる!」を持ったきっかけは何ですか?そこには、どのような発見や出会いがあったのですか?

橋本 K−POPに出会ったことです。

 K−POPには憧れが詰まっていました。KARAを初めてみた時に一人ひとりのスキルが高く、今まで感じたこともない衝撃を受けました。日本のアイドルグループはトップとそれ以外の差が激しいんです。トップも人気だけど、グループ全体が人気なんです。K−POPは一人ひとり全員がすごく、見た目の可愛さはもちろんのこと、ダンスや歌といった技術力が全てそろっていて女の子が憧れるものが全部詰まっていました。

 KARAのダンスを見た時に、「真似をして踊りたい!私もあんな風になりたい!」と思いました。ダンスに魅力を感じて、ハニーズ(福岡ソフトバンクホークスの公式チアリーディングチーム)時代のメンバーと友達に声をかけKARAを踊らないかと言って、ライブハウスのステージで踊りました。そこがきっかけで「他でも踊らないか?」と声がかかり、それでK−POPコピーダンスグループ「catty」が誕生しました。それまでこのダンスが得意だと胸を張って言えるものがなく、人から自分のダンスを求められたことがありませんでした。しかし「K−POPは自信をもっていい!」と私の武器になりました。「教えに来てほしい!」と言われたらどこへでも行き経験を積みました。やっていく中で、K−POPを好きな子や夢を持っている子を応援したい!と、BRIDGEを立ち上げました。K−POP、KARAがいなかったら今の自分はいません。

記者 K−POPに感動と感謝があって、それが日韓の架け橋という夢、BRIDGEの立ち上げに繋がっているんですね。


Q:「K−POPとの出会いで自分の武器ができた」というきっかけの背景には何があったのですか?

橋本 自分は弱くて周りに従うしかない人間だと思っていました。3人兄弟の長女だから家族には甘やかされて育ちましたが、責任感があり、家の中では頼られる存在でした。小学校は12人しかいないような田舎町で、どんな習い事をしてもその中では一番でしたが、一歩家から出ると家の常識が通用しなくて困りました。周りとは全く合わず「変な子」と見られるので学校ではおとなしく目立たないようになっていきました。言葉を全部真に受けてすぐに落ち込んだり、精神的に滅入ったり、体にきて倒れたりと色々大変でした。「挨拶をきちんとしなさい!」なども家で教えられたことなどありません。大学で市内に出てバイトを始めた時に、社会常識ができていない自分に直面し、挫折を味わいました。周りからは基本がなっていないと見られ、それでも働かないとならないので、バイトを通して5年間で社会常識を身につけました。常識が身につく前は、自分を抑えて発言もできずに場に従い、自分はダメなんだと劣等感を持っていました。しかし、常識を身につけてからは、自分が思うことを発言し、やりたいことを思いのまま行動できるようになりました。

振り返ってみれば昔から、習い事も5年未満でやめたことがなく、この道を100%やめていいと思えるまでやり続けました。「自分に負けない」と決めて、簡単にはやめないから負けず嫌いですね。だから、みんなにも「一回決めたことを曲げないで欲しい」と思います。ハニーズを始めた時も、ダンスをそれまで正式に学んだことがなかったこともあり、凄くダメ出しをされました。自分はオーディションに受かった時点で認められた!と思っていたけれど、入ったらその中でも下の方でした。とても辛かったですが、この時も「自分に負けたくない!」と思い、自分が決めたことだから最後までやり続けました。一生懸命やったので悔いはありません。今が生き生きしてるので、当時の指導者からは今になって「すごいね!」と言われます。

この経験があるから、「意志を持って続けたら人は変わるんだよ」と伝えたいんです。自分が完璧な人間じゃなく問題児だったからこそ、弱い子、うまくいかないことの気持ちがわかるんです。だから、どんな言葉をかけてあげたらよいかもわかります。意志を持ってやり続けることで、25歳くらいからやっと大挽回できました。周りもその変化にびっくりしています。私が経験してきたことを通して、少しでも子どもたちの夢を叶えていく応援がしたいんです。

読者への一言メッセージ

橋本 何事も継続し諦めなければ『道』は開ける。

記者 やると決めたことはやり通す橋本さんの生き方が、人の夢を応援したい!ダンススクールBRIDGEという形になっていること、その裏にはいつも韓国K-POPに対する感動と感謝、出会った方々への感謝があるからこそ、架け橋になるなれるんだと思いました。本日は貴重なお話、ありがとうございました。

〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜 ︎〜

橋本 祐里さんの詳細情報はこちら↓↓

Dance School BRIDGE|福岡九州のKPOP特化型ダンススクール ブリッジ

kpopdance-bridge.com

讖区悽逾宣㈹ (@yuri_catty) 窶

画像1

【編集後記】
今回インタビューを担当した堂本と小水です。
インタビューを通して、自らの夢を形にしているからこそ、人の夢を応援することができる。
人として、憧れられる生き方ができるから、憧れられる生き方を伝えられる。橋本さんの確信からくる熱意を感じました。
ダンスを通して夢を叶えたい人は、ぜひダンススクールBRIDGEに集まれ!!!!!
橋本祐里さんの今後の益々のご活躍を応援しています!

(Visited 93 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です