「心の働きを自然科学の言葉を用いて記述し1000年後の未来へ伝えていきたい」お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系助教 毛内 拡先生

【ストーリー概要】

「人間とは何だろう」
「自分とは何だろう?」

誰もが一度は疑問を持つ究極的な問いに対して、
「脳の謎」を解明し、未知の領域への研究を続ける毛内 拡先生

研究者でありながら、人や社会とのつながりや関わりを大切にし
社会人向けの講演やセミナー等にも積極的に取り組まれていらっしゃいます。

著書「脳を司る「脳」」では、知られざる脳のはたらきについてわかりやすくまとめられており、脳科学に興味ある方には超おすすめの一冊です。

【プロフィール】

毛内 拡
お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系 助教

脳神経科学者、お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系助教。1984年、北海道函館市生まれ。2008年、東京薬科大学生命科学部卒業、2013年、東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員等を経て2018年より現職。同大にて生体組織機能学研究室を主宰。理化学研究所研究奨励賞(2017年)、第9回新化学技術研究奨励賞(2020年)、第37回講談社科学出版賞(2021年)等を受賞。専門は、神経生理学、生物物理学。「脳が生きているとはどういうことか」をスローガンに研究を続ける。基礎研究と医学研究の橋渡しを担う研究を目指している。主な著書『脳を司る「脳」』(講談社ブルーバックス)。

【SNSリンク】

毛内研究室(生体組織機能学)
http://www-p.sci.ocha.ac.jp/bio-monai-lab/

Twitterアカウント @hiromu_monai

(Visited 309 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

この動画チャンネルを見る