より豊かな人生を、より豊かな空間で「株式会社ベイルインテリア 代表取締役 金城 貞美さん」

これまでインテリアコーディネートを3000件以上、整理収納を1000件以上もこなし90%にも及ぶリピート率。各種メディアにも多数出演され、多くの女性が「自分の人生をライフデザインできるように」とセミナー・講演活動でも活躍されている株式会社ベイルインテリア 代表取締役 金城 貞美(きんじょう さだみ)さんにお話をお聞きしてきました。

「ベイルインテリア紹介動画」

プロフィール
生まれ:大阪府
拠点:大阪府
経歴:大学在学中に阪神淡路大震災を経験し「悔いのない人生を過ごしたい」と思うようになり、「女性であることを活かせる一生出来る仕事」を模索する中でインテリアコーディネーターという職業と出会う。そこからお客様との出会いを通じて「暮らしを提供することの楽しさ」を実感し独立。現在では多くのメディアにも取り上げられ、後進の育成にも従事している。


“空間をより良くしていくことでその方の夢の実現のお手伝いを”

Q:どんな夢やビジョンをお持ちですか?

どんな所でも空間と人は密接につながっています。空間をきれいで豊かにすることで、そこにいる方の「人生が変わっていく」という経験を沢山してきました。なのでそういった住まいや空間を「より感動的でより豊かにしていきたい」ということが自分の中でブレない軸として持っています。そのように空間をより良くしていくを常に取り組んでおり、そこをより良く追求していく先に自分のゴールがあると思っています。

現代は特に住まいに対するニーズが早い速度で変わってきています。例えば最近は昔のような家具屋さんは減ってきて、ニトリやIKEAのようにシーンを買うような流れに変わってきています。なのでそういった変化に対応していく必要があります。

近年ではインテリアコーディネーターや収納など、暮らしにまつわる沢山の資格がありますし、アドバイザーの方も沢山いらっしゃいます。それらを木で例えるならば、それらは枝葉でしかなくて、幹には「暮らし」があって、更にその奥の根には「住んでいて居心地がいい」というものがあると思っています。なので私は枝葉だけではなく、それら全てを提供できるようにしています。そしてそれは一般住宅はもちろん、オフィスや商業施設、サロン…などお客様のどのようなニーズにも応え、「より良い暮らし」をお客様と一緒にイメージしながら、そのための空間作りをしてお客様の「夢の実現のお手伝い」をしていきたいと思っています。

その際にお客様のイメージと一致することがすごく大事だと思っていて、例えば「キレイにしたい」というイメージ一つ取っても「キレイ」のイメージはお一人お一人異なります。なのでお客様のイメージをしっかり受け取り、そのお客様の想像を超えるような「これってものすごい居心地がいいね」という出会いを提供できて、更にはお客様の人生をも変えるような出会いを提供したいと思っています。


“一人でも多くの方が自分の人生をライフデザインできるようにしたい”

Q2:そのためにどのような目標や計画をお持ちですか?

今の課題として実際にお客様へ「理想の暮らし」を提供出来るのが自分だけになってしまっていることがあります。どうしてもコミュニケーション能力や提案力などは人それぞれ違います。しかしもっと多くの方に「理想の暮らし」をご提供したいと思っているので、現在は教育にも力を入れています。

私自身これまで、0から10年以上かけてここまで来ました。そんな中で「こうやったら近道なのにな」などそういったことを教えてあげられたら、もっと多くの方が活躍できるようになると思っています。

私がすごい成功しているというわけではなく、みなさんやり方を知らないだけで、やり方さえ分かれば誰でも私くらいは出来ると思っています。今は学生に向けて起業の講義などもしています。現代社会は働き方が多様化しているので起業も選択の一つとして認知されている世の中です。特に女性は結婚、出産などで働けなくなる不安を持っている方もいると思うので、そんな方々の「自分の人生をライフデザインする」というところで何か貢献していきたいと思っています。

あと趣味の分野でもあるんですけど、私は日本の風土が大好きなんです。昔の日本では外の景色を家の中に取り入れることがインテリアだったんです。例えば雪を見るために雪見障子というものがあったり、桜の木を家に植えてそれを絵画のように見るとか…日本はそういうのに長けているんです。今はなかなかそういうことも出来なくなってしまっていますが、そういった日本独自のものがとても沢山あるので、そんな日本の良さを住まいに生かしていきたいとも思っています。そういったことを継承していくこともすごく大切に思っているので、そういうこともより多くの人に共有していきたいと思っています。


“常にニーズの変化を察知しながら”

Q3:そのためにどのようなことをされていますか?

マーケティングは常に意識しています。SNSなどに対して、皆さんがどこからどういう情報を得ているのかを学びながら色々な分析をして、そこに対してどんな価値を提供できるのかということを楽しみながらやってます。

例えば私は、ブログから始めてブログ自体は何年かお休みしていました。でもやっぱり、ブログは一番見やすいようにも感じているので、お客様がそこから情報を得られるならばそれも活用していきたいと思います。

あとはコロナのことで、zoomでのセミナーや勉強会とか、好きな時にできるようなプログラムの可能性にも気づかせてもらえました。例えば子育て中とかでも、自分が好きな時にできるようなそういうプログラムも増やしていきたいなと思っています。

あとは自分たち世代だけではなく、20代の若い世代の人たちの住まいに対しての価値観を少しでも変えていけるようなものも伝えていきたいと思ってます。もちろん最近のファストファッションだったり、西洋から来た暮らしも悪いわけではないんですが、例えば日本の昔の木のテーブルがなぜ価値があるのか?などを知ってもらって「自分にとってどっちが価値があるのか」と選べるようになってほしいと思っています。そのためにも「暮らしやインテリアが大切なもの」と感じて貰う必要あると感じています。


“暮らしを提供することはこんなに楽しいんだ”

Q:現在の活動をするようになったキッカケはどのようなものがありますか?

この仕事を続けているキッカケは、前の職場で沢山のお客様に接する中で「暮らしを提供することがこんなに楽しんだ」と経験できたことが大きいです。やり取りをする中でその方の暮らしが手にとるように分かって、それを家具でより良くなる瞬間を何度も感じることが出来て、それでこういう仕事を職業にしたいと思うようになりました。

そして実際にやり始めてから「片付け」という問題を直視するようになりました。始めはインテリアだけを仕事にしようと思っていたんですが「どうしてそれが捨てられないか」「どうしてそういう物が多いか」など色々お話を聞いていくと、そこからその方の人生が見えてきて、そこで涙を流す方もいらっしゃいましたし、それを通して「本当に人生が変わりました」という方も沢山いらっしゃいました。その時に「この仕事すごくいい仕事だな」と感じるようになり「この仕事をやり続けたい」と思うようになりました。


“一生出来る仕事がしたい”

Q:そのキッカケの背景にはどのようなものがありますか?

色々仕事を探しているときに資格雑誌を見ていて、そこの見開きにインテリアコーディネーターの特集があったんです。それで「これにしよう!」という感じでした(笑)。昔から興味があった訳ではないんですが、元々「一生出来る仕事がしたい」と思っていて、それで「自分の技術で出来る仕事が良いな」と思っていたので、これならできそうだなと思って選びました。

「一生出来る仕事がしたい」ということは昔から思っていて、自分の父が自分で会社をしていて、サラリーマン一家で過ごしてないことも影響があると思いますし、あとは、果たして自分が30歳、40歳…となっていった時に自分が「20代の時のように働ける環境があるんだろうか?」と不安になることがあったので、何歳でも働ける仕事がしたいと思っていました。

あとは私が大学生のときに阪神大震災を経験していることが大きいと思います。その時に一瞬で色々なことが崩れ去っていく所を目の当たりにして「悔いのないようにしたい」と思うようになりました。それまでは本当に「どこに就職しようか」くらいにしか思ってませんでした。

その中で「女性であることを活かせる仕事」がいいなと思って、CAや、翻訳、旅行業務…など学生時代から色々考えて、資格の本などを読んで探していたんですが、それが当時は全然分かりませんでしたので、インテリアコーディネーターと出会えてすごくよかったです。


“暮らしを良くするサービスをもっと気軽に利用してほしい”

私としてはもっと多くの方に、気軽に「暮らしを良くするサービス」を利用してほしいなと思っています。「インテリアコーディネーターに頼むなんて…」という方が結構いらっしゃるんですが、「エアコンの掃除を頼む」位の感覚で気軽に利用してもらって、その空間にプロの手が少しはいるだけで、空間が変わって、それによって「暮らしが変わる」ということを少しでも感じてほしいなと思っています。今はzoomを使って気軽に利用できるサービスも始めましたのでぜひお気軽にお声がけください。


【金城さんの活動】
HP:https://bail-interior.com/
ブログ:https://ameblo.jp/samimomo
youtube:https://www.youtube.com/channel/UCMPmFrE3s23jNcGBUHG8-dw
Instagram:https://www.instagram.com/sadami_kinjo/?hl=ja
Facebook:https://www.facebook.com/bail.interior/
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40817sunsh

「ご自身の娘さんのお部屋の片付けの動画もUPしてくれています」

【編集後記】
インタビューを担当した冨沢です。私自身そこまでインテリアや空間にこだわりを持っている人間ではないのですが、金城さんの話を聞けば聞くほど自分自身の人生や暮らしにとって「空間」というものがどれだけ重要なものなのかを痛感しました。自分が過ごす空間は自分にとって「当たり前」になりすぎて、そもそもこの空間をそこまで変えようとも思わないし、ましてやそれを人に頼むなんて…。しかしきっとこれから暮らしが多様化され、自身が過ごす空間により重きが置かれる時代になっていくにつれてこういった仕事はとても重要になると思いましたし、何よりも金城さんのノウハウをより多くの人が学ぶことでまさに「自分の人生をライフデザイン出来る人」が増えていけるように感じました。最後までお読み頂きありがとうございました。

(Visited 1 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です