人口減少、少子高齢化の街で新たな事業展開を通して持続可能な街を目指す北海道伊達市議会の小久保重孝議員

【ストーリー概要】
都会から移住し、NPOでの学校創りという活動を通して行政の関わりに興味を持つ。市議会議員となり、人口減少や高齢化社会が進み、定年退職者が家に籠る様子や高齢者の社会からの阻害感を目の当たりにする。生きているのが楽しいと思える意識改革を目指し、生涯教育を発展させた事業への展開や有償ボランティア制度を用いた高齢者の働く場所創りを提案し、高齢者が街で活躍できる持続可能な街づくりに奔走しています。
どうぞご覧ください。

【プロフィール】
1964 東京都品川区生まれ
1983 都立三田高校卒業
1985 友愛青年連盟事務局職員
1986 衆議院議員鳩山由紀夫秘書
1998 秘書を辞めて北海道伊達市に家族で移住
2003 伊達市議会議員 (現在 6 期目)
IT サポート業
北海道シュタイナースクールいずみの学校監事

【SNS情報】
Facebook
https://www.facebook.com/shigetaka.kokubo
ホームページ
https://kokubo1964.com

(Visited 168 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

この動画チャンネルを見る

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です