【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】

皆が佳い世の中に幸せになってほしいと活動されているフラワーサイクリスト&はなあそび講師 中村佳世さん

【ストーリー概要】

『佳世』さんのお名前は戦争を体験したおじいさまの『佳い世の中に幸せに暮らせますように!』という願いが込められており、人々もお花たちもニコニコにしたい!と生きとし生けるものに想いを寄せて、規格外のお花たちを蘇らせ、そして、それをみて、触れて癒されるという人々とお花たちのWin-Winのサイクルを創られています。
お花・子ども・造形遊び、全て自分の好きなことをやることで、それが親子の会話と時間が増えることに繋がっている今。
人々はお花に癒されて、お花も救われて、皆がワクワクで生きていける世の中を創りたい、それが夢!
まさにおじいさまの想いを受け取り、人生を歩まれている中村さんにお話を伺いました。

【プロフィール】

フラワーサイクリスト
はなあそび講師

中学生より華道をはじめ師範取得。
幼稚園教諭として11年勤務したのち、※ロスフラワーの存在を知り、昨年からフラワーサイクリストとして活動。
花×子ども×造形、好きなことを掛け合わせたロスフラワーを使用した親子造形教室「はなあそび」をはじめる。保育園・幼稚園等でのイベント・ワークショップをオンラインでも開催。

※ロスフラワーは、規格外であるため市場に出回らなかったり、コロナ渦でイベントが中止になり出荷されないなどの理由から、まだ美しいうちに捨てられてしまう花のことです。

【SNS】

・Instagram

・Twitter

mobile.twitter.com/hana_kiyy

(Visited 142 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】