誰もが自らのアイデンティティやジェンダーを共有できる場所を創り、社会の輪を広げる。PRIDEプロジェクト代表 本多正宗さん

LGBT当事者であり、誰もが自らのアイデンティティや、ジェンダーについて共有できる社会の輪を広げたいという想いと同性婚の法令化を実現させる夢を持ち、コミュニティ作りから行政との連携など様々な活動されている本多正宗さんにお話を伺いました!

<本多正宗さん プロフィール>
Xジェンダー パンセクシャル 「男でも女でもない」自分、という性自認を持っている(Xジェンダー)LGBT当事者。幼少期から自分の性別に違和感を持ちながらも、誰にも言えない学生時代を過ごした。現在大学3年生。一年間アメリカでの留学経験を得て、個性を多様性として「自分らしく」という生き方に目を開く。パニック障害、うつ病、不安障害を患い現在治療回復中。 母親へのカミングアウト、拒絶、絶縁の経験を得て「学校」と「家庭」を行き来する環境で、悩みを抱えるLGBTsユース向けのコミュニティ「プライドプロジェクト」をスタート。そのほかにもLGBT活動家としていくつかのコミュニティ事業に携わる。

・大阪府富田林市LGBTコミュニティアドバイザー・サポーター
・大阪市男女共同参画センター LGBTアドバイザー
・京都府京都市 LGBTコミュニティサポーター
・大阪府主催 性の多様性を考える企業向けセミナー サポーター その他出演 京都新聞、ヤフーニュースにコミュニティ活動が掲載(令和2年5月)
・ KBSラジオ ほっかほっか噺の朝ごはん 出演(令和2年5月)
・2020 100人カミングアウト YouTube 出演

HP:PRIDEプロジェクト

HOME


FB https://www.facebook.com/masamune.honda.9/
Instagram:@maaaasa.19
Twitter:@txp80903

(Visited 120 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です