「毎瞬毎瞬最高に輝く人々の生きる力が循環する社会をつくりたい」 画家・芸術家 飯泉あやめさん

【ストーリー概要】
アーティスト活動を通して、一人ひとりの内面に眠る「生きる力」を呼び覚まし、無限大輝いて生きてほしいと活動されている飯泉あやめさん。
「生」に対する飯泉さんのひたむきな姿勢に、人は心奪われ、生の美しさを感じずにはいられないように思いました。
生きる方向性を見出せず、心の不安が蔓延する今の時代に、何の迷いもなくひたむきに生きられるヒントが詰まったメッセージです。
ぜひご覧ください。

【プロフィール】
幼少期から「かく」ことに没頭。あまりに繊細な体質と気質に生まれ、生きることと死ぬことについて向き合って過ごした。
作品づくりのきっかけは東日本大震災。鬱になってしまい、死なないため・生きるために小さな■を描き始めたら、止まらなくなった。およそ54万3324個目の■を描き切ったとき、「生きねば」と思った。
いつも自分自身を生へ向かわせている力=描き続けさせている力とは、一体何なのだろう?それを「生きる力」と呼んで追求するうちに、芸術家になった。かくためにかくのではなく、生きているままに・生かされるままに、かく。描くフィールドは、瞬く間にキャンバスを溢れかえり、身体・壁面・空間全体・時間軸にまで及んだ。人の内面にはまだまだ無限の可能性がある。個々が内に宿る生きる力を思い出し、生命が循環していく装置として、作品を世に届け続けよう。生涯、そのためにできる全てのことをしながら空へ向かい続け、道の途中で泥まみれで死にたい。
現在は、絵画・壁画・パフォーマンス・インスタレーション・展覧会の開催と、活動を幅広く展開している。

【SNSリンク】
★公式Website

HOME

★公式Facebook
https://www.facebook.com/ayameiizumi

★公式Instagram
https://www.instagram.com/ayameiizumi/

(Visited 90 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る