【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】

論理×感性。アートを通じて物事の見方、感じ方を磨く大人の学び場をつくる。堀越啓さん

【ストーリー概要】

「アートを通じて、物事の見方、感じ方を磨き高めていく場所をつくりたい」と活動されている堀越さん。
著書『論理的美術鑑賞』の出版やオンラインサロンの展開など、様々な媒体からアートの見方を発信されています。
論理と感性を使うことで、アートな生き方を実践されている堀越さんに、活動の原点をお伺いしました。

【プロフィール】

株式会社 SD アート 代表取締役 堀越 啓

上智大学卒業後、大手一部上場メーカーにて、事業企画や採用プロジェクトなど を担当。
2012 年に SD アート入社。2015 年、代表取締役就任。
スペインの彫刻家「フリオ・ゴンサレス展」「新宮 晋の宇宙船展」等、全国美術 館での展覧会企画や、
富山県美術館の作品設置アートディレクションなど、主に 自治体や企業などのコンサルティング事業を展開。
近年は、イケムラレイコ氏など 11 名のアーティストによる「真鶴町・石の彫刻祭」の企画・運営を行う。
また、大企業での企画職経験と中小企業経営の経験を生かし、経営コンサルティ ングなども行っている。
特技は、最新情報や動向を収集すること、見えないものや分かりにくいことを論 理的に説明すること。
著書に「論理的美術鑑賞(翔泳社)」

【SNSリンク】

★Instagram
https://www.instagram.com/keisdart/

★株式会社SDアート
https://sdart.jp/

★「美術鑑賞法」とは
https://sdart.jp/lp

(Visited 245 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Re・rise Newsが国際カンファレンス2021へ出展いたします! 10月10日に出演!】