0歳からの伝統文化をコンセプトに活動されている、かたりべ満茶乃さん

【ストーリー概要】
“かたり伝える”ことで生きづらさが味方に。
子供の頃に祖母の影響で能楽や昔ばなしなど日本の伝統文化に触れることが多く、先祖から引き継がれたものに囲まれていた幼少時代。高校時代のオーストラリア留学で、日本文化に今まで触れていたつもりだったのに納得のいく説明ができなかった事にショックを受ける。しかし世阿弥の『風姿花傳』との出会いによって、人生の方向性を見つける。大学では無形文化財を専攻、能楽部で学ぶも鬱病で中退。その後、料亭勤務、結婚、出産、子育てといろんな経験をする中で、世阿弥の言葉を通して、0歳から自然に文化に触れる場を作り伝えていく取り組みをしている。

【プロフィール】
満茶乃(Masano)

空果梨堂(Ukkaridoh&Co.)代表。3児の母。かたりべ。
高校生で世阿弥の言葉と出会い、能の稽古を心の拠り所とする。

民話と古典怪談も得意とし『稲川淳二の怪談グランプリ』(関テレ)など各種メディアにも出演。薩摩琵琶奏者とのユニット「尸童~よりまし~」をはじめ、コラボ企画多数。

全国の神社仏閣での公演や、世阿弥の言葉と自らの凸凹さ・鬱・海外経験・子育ての悩みを元にした『0歳からの伝統文化』を冠した親子企画、世阿弥の言葉を子育てに生かす講演会も好評。
「秘密基地うっかり堂」という町家イベントスペースも営む。

【SNS情報】
★空果梨堂 Ukkaridoh & Co.
https://utukaridoh.themedia.jp

(Visited 207 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】