日本の地域活発化。地域の独自性あるアイディアで、新しいビジネスが生まれていくような環境をつくりたい/入江真太郎さん

【ストーリー概要】
日本の地域活発化。地域の独自性あるアイディアで、新しいビジネスが生まれていくような環境をつくりたいという想いで、活動されておられる一般社団法人日本ワーケーション協会代表理事、入江真太郎さんにお話をお伺いしました。

幼い頃から、いろいろな地域に住んだ経験もあり、地域経済活性化を想い、旅行業務のできる会社に入社した1年目に、東日本大震災がありました。友人から現地での生の声を聴いたことで、人生について考えるようになりました。それが自分のスタンスや、もっとできるやり方などを考えるきっかけになりました。その後も仕事を通した様々な経験が今につながっており、大変感謝しています。

2019年頃、海外の方がワーケーションのスタイルで日本に来ていることを知ったことが、地域に対して何かできないかと考えていたこととつながりました。協会の活動は、ワ―ケーションの普及だけでなく、新しいライフスタイル、ワークスタイルを根付かせることによる地域の活性化です。それが過度に東京に集中している、過密の問題を同時に解決していくことにもなると思っています。主役である地域の方々の立場に立って、考えることを大切に取り組んでいます。

【プロフィール】
大阪府在住。長崎生まれ、育ちは秋田、茨城、徳島と各地を転々、大学は京都・同志社大学へ。その後、(株)阪急交通社等で旅行業他様々な業種を経験をする。その後、観光事業やその他海外進出支援事業等を展開。その中で仕事スタイルとしてリモートワーク・ワーケーションを導入しており、海外からのノマドワーカーが日本にたくさん来ていることを知り、ワーケーションに関する事業に高い関心を持ち、協会設立に至る。地方経済の発展が生き甲斐。2020年7月、一般社団法人日本ワーケーション協会を設立。(ホームページより)

【SNSリンク】
★HP
https://workcation.or.jp

★Facebook
https://www.facebook.com/JapanWorkcationAssociation/

★Twitter(個人)
https://twitter.com/irie_workcation

★Twitter(協会)

(Visited 36 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る