「子どもも親も諦めないで自己実現できる地域社会を」東京都北区議会議員 こまざき美紀さん

【ストーリー概要】

子どもが「生まれてくる環境によって夢を諦めてしまう」ことがないように、
親が「ママになっても仕事でもプライベートでも自己実現」ができるように、
「子どもも親も諦めないで自己実現できる地域社会」を実現すべく、
こまざきさんは現場や議会で日々精力的にご活動されていらっしゃいます。

議員になられる前も、
ご自身が産後うつになった経験から「北区はたらくママ★ネット」を設立、
「子ども食堂」でのご活動、待機児童の署名活動、
保育園の父母の会会長となり家庭の負担となる手作り縫い物、布団カバー交換の
問題の解決にあたられました。

しかし、ご自身の身の回りの問題は解決できても北区全体の問題の解決には
いたっていないことに疑問を持ち、問題を抱えた当事者が議員にほとんど
おらず現場と政策が乖離していることに気づかれました。
そこで、問題を抱えた当事者としての経験を区政に活かすべく議員を
志されました。

議員になられた後も、
現場にいるからこそ現場の課題が観えてくるため、
「北区はたらくママ★ネット」「子ども食堂」「ゴミ拾いの地域清掃活動」など
現場の活動を大切にされています。
それに加えて、情報発信にも力を入れられSNSやブログ、「みっきー通信」の
発刊を通して紙面での情報発信もされ、議会では課題を積極的に訴えられています。

そのように、日々精力的に活動されていらっしゃるこまざきさんですが、
子どもに関わる活動をされている背景には恩師と旦那様との出会いがありました。
その出会いによってどのようにご自身が変化されたのかお話しいただき、
最後に、若い世代の方へ向けて熱いメッセージを語っていただきました。

【プロフィール】

1979年生まれ 福島県郡山市出身 赤羽在住
福島大学教育学部 中学校教員養成課程 理科 卒業

2013年・・・地域団体「北区はたらくママ★ネット」設立
自身が産後うつぎみになった経験から、
そのようなママを増やさぬよう、語り場を開催

2018年・・・戸田市役所退職後、子育て支援NPOに勤務
15年間勤務した市役所を退職。
地域の課題により向き合うべく、子育て支援のNPOに勤務

2019年・・・北区議会議員当選
北区史上最多の7,335票を賜り、トップ当選を果たす

その他の主な活動・役職など / 子ども食堂運営スタッフ / 児童養護施設「星美ホーム」の応援団 / グリーンバード赤羽チーム ママリーダー(子どもたちと共に地元赤羽をきれいに楽しく地域清掃)

【SNSリンク】

★公式ホームページ
https://komazakimiki.jp/

★Facebookアカウント
https://www.facebook.com/miki.komazaki

★Instagramアカウント
https://www.instagram.com/komazakimiki

★twitterアカウント

(Visited 209 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です