子どもたちの憧れるさこびっち。告白ナビゲーター「さこ はるひろ」さん

【ストーリー概要】
2025年100万人の「告白展」開催に向けて、大工として活躍されながら、3.11東日本大人災をきっかけに、ご自身の生き方に向き合い、子どもに些細なことでも話せたように、夢や自分の思いが表現できる「告白」という新しい文化を創っておられるsakoさんへお話を伺いました。
「子どもたちが憧れるさこびっち」と名乗られている理由もとても大事なメッセージだと感じました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

【プロフィール】
子どもたちの憧れるさこびっち。
ドリームメンター/大工/写真家
感動と共感のプレゼンテーションを用いて、100人の起業家支援や夢を語る大会ドリームプランプレゼンテーション関西を主催。
夢を語る場を創ることで感じたのは、夢を語れる人は幸せなんだって。
夢を語る前に、夢を語っても良いんだって思えること、今まで言えなかったことを言える場が必要だと感じ、起業家のあきらめない理由からヒントを得て、100万人の告白展をスタートさせる。

★HP
https://peraichi.com/landing_pages/view/kokuhakuten1000000

★Facebook
https://facebook.com/sako.haruhiro

★Twitter
https://twitter.com/parfait1996?s=20

(Visited 124 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です