RPA(Robotic Process Automation)を通して、もっと楽しくワクワクを/井上 卓治(いのうえ たくじ)さん

【ストーリー概要】
もっと楽しくワクワクをという想いで、中小企業にRPA(Robotic Process Automation/業務自動化)の導入を提案されておられる井上 卓治(いのうえ たくじ)さんにお話しをお伺いしました。RPAは自分を助けてくれる、もっと新しく、質の高いものを追い求めることができるツールだと思っています。

大学の時にタイピングにハマり、仕事でスタッフのスケジュールを組む業務をしていた時に関数に出会いました。それまで忙しい合間でも、指で1つ1つ数えていたスタッフの情報を、入力するだけで、自動でできてしまったことにすごく感動しました。関数でも、できないことが出てくると、プログラミングをという感じで、こうしたら、もっと楽になる、ワクワクするだろうと考えながら少しずつステップを上げていき、気づいたら業務の自動化を提案できるようになっていました。
昔から、どうしたら楽しいか、友達やお父さんお母さんが笑ってくれるかなどを自然に考える子だったと思います。その分、いたずらもしたし、怒られることもたくさんありましたが、そういった感性が今のやっていることに、はまったのだと思います。

自動化に不安や難しさを感じている方もいらっしゃるので、安心感を持っていただくために、できるだけ細かくコミュニケーションをするように心がけています。中小企業は業務量が多く、それらが変わるスピードも速いので、自動化を諦めているという声も耳にしますが、まず触れていただくことで、手の届かないものではないことを、感じていただければと思います。またSNSを通じて、いろいろな方とつながっていければ嬉しいです。

【プロフィール】
はじめまして!中小企業の業務自動化を支援する事業CheerS!の代表をしています。
私の目標は、中小企業の業務を下支えするような事業を展開していくことです。
身近な業務のお困り事などありましたお気軽にどうぞ!

【SNSリンク】
★HP
https://cheershp.com/

★Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100052838673663

(Visited 113 times, 2 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る