世界中の人へ日本酒の良さを伝え豊かな社会をつくる “日本酒王子”近藤悠一さん

【ストーリー概要】
世界中の方に日本酒の良さを伝えることで自然を愛し、100年先の子ども達が安心して暮らせる豊かな社会づくりに貢献したいと話す日本酒王子こと近藤悠一さん。
今は店舗を持たない酒屋として、日本酒の輸出と国内の飲食店への卸、一般の方へサブスクリプションサービスを展開中。
大学時代に留学をきっかけに日本人としてのアイデンティティーが欠如していることにショックを受ける。そこから自分自身がどう生きたいのかを考え、帰国後、友人と一緒に創業を決意する。自分のためではなく、他者のためを大事にしながら、日本酒を通して日本文化を誇りに思えるような価値観を創造することに使命感を持って活動されている近藤さんにお話を伺いました。

【プロフィール】
株式会社さくら酒店 代表取締役社長。
鎌倉時代に、伊勢神宮へ奉納するお米の栽培管理を任されていた、近藤家の末裔。
金沢大学在学中に、ニューヨーク州立大学バッファロー校へ留学。特に、アジアからの留学生たちの、「母国をよく知ったうえで、母国の役に立つために学ぶ」という使命感に溢れた姿勢を目の当たりにし、日本人としてのアイデンティティを強く揺さぶられる。そして、日本のものの中で、一番好きな「日本酒」を仕事にしようと決意する。
帰国後は、大阪の酒屋にて、5年半の本格的な日本酒修業を積む。
2013年4月5日(清明の日)に、店舗のない日本酒専門の酒屋「さくら酒店」を開業。ミシュラン星付レストランや有名シェフのお店など、全国500軒以上の飲食店への卸、及び、海外13か国への輸出を柱に、現在マイナス5℃熟成の日本酒が毎月ご自宅に届くサブスクリプションサービス「酒標(さけしるべ)」を展開。
さらに、和食をはじめ、中華、フレンチ、イタリアンの料理に合わせて日本酒を提供する「マリアージュ会」を70回以上開催しつつ、日本酒の魅力をYouTubeチャンネル「日本酒王子 近藤悠一」で発信中。
・「岐阜の地酒で乾杯」(3000人規模、岐阜最大の日本酒イベント)の実行委員・主催
・全国商工会連合会によるドイツ、イタリア、フランスの国際展示会への國酒出展事業を支援
・NHK文化センター、毎日文化センターの日本酒講座講師
・テレビ出演、FMラジオ出演、新聞掲載等多数

【SNSリンク】
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwC5E22_AJY_w9cjfRCdHwg

instagram
https://www.instagram.com/yuichi.kondo/

facebook
https://www.facebook.com/yuichi.kondo.9404/

Twitter
https://mobile.twitter.com/sake_prince

(Visited 32 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】