「教育の力を誰よりも信じている」ー株式会社OneColors CHO 伊藤繭香さんインタビュー

【ストーリー概要】
「教育の力を誰よりも信じている。」そうインタビュー冒頭でおっしゃった伊藤さん。
教育の力によって個人・企業をアップデートすることで社会貢献したい思いでお仕事をされています。伊藤さんにとっての教育とは?一言で言うと「成長のキッカケ」。カフェやバーなどリラックスできる場所で、かまえずに学びができる場所を提供したいそうです。自ら学ぶ機会を積極的につくり、学びをやめないことを大事にしています。

夢・ビジョンを目指すキッカケは小学1年生の体育のスキー。クラス最下位になったことが悔しく、それから父と猛特訓し、県大会に出るレベルにまで上達。自らがスキーが上達できたことで、教育の力はすごいと気付き、また上位にいる人達が見ている世界を見てみたいと思ったそうです。体感しながら成長を実感できることを大事に、教育の場を設けていらっしゃいます。

個人や組織の成長のキッカケをつくりたい方はぜひ伊藤さんとつながってほしいです。

【プロフィール】
伊藤 繭香(いとう まゆか)
株式会社OneColors
役職:CHO
自称:教育マニア
プロフィール:
教員免許、キャリコン(国家資格)有資格者。大学卒業後、ソフトバンク株式会社へ入社。
新規コールセンターのオペレーター育成プログラムを構築後、人材開発部へ異動。研修コンテンツ開発・講師登壇・外部講演などを担当。その後、株式会社ラクスにて営業ハイパフォーマー分析やプロセスの可視化による育成プログラムを構築&運用。新人営業を約半分の期間で一人立ちさせることに成功。前職の株式会社SHIFTでは、中途社員受入教育・離職防止・社内公募制度・メンター制度・社内窓口などを担当。
『より多くの人を教育の力で可能性を広げたい』という想いで株式会OneColorsに入社。自社グループとクライアント先の教育設計や育成プログラムの開発を担当。

【リンク】
HP
株式会社OneColors

SNS
Facebook

Twitter

(Visited 179 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る