刀を通して、人生の支えになりたい 刀鍛冶 金田國真さん

【ストーリー概要】
刀鍛冶である金田 國真さんにインタビューしました。

金田さんの在り方から、
刀を求める人たちの心に寄り添い、真摯に刀をつくる姿勢が伝わってきます。

現代刀の役割を考え、
「刀を通して、人生の支えになりたい」という想いを語ってくださりました。
純粋な想いの背景に何があるのか、ご覧ください。

【プロフィール】
金田 國真(かねだ くにざね)

1989年(平成元年)福岡県産まれ。
高校時代に奈良県の刀工、河内國平師の著書『日本刀の魅力』と出会いその生き様に強い憧れを抱き入門を決意する。

高校卒業後、奈良県の東吉野村にある國平鍛刀場に入門し以降7年師事。内弟子として住み込みで刀作りや職人としての生き方を学ぶ。

独立後は同県内の山添村に移住し工房を構え、作刀に専心する。

●HP
https://kunizane7k.com

●Instagram
https://instagram.com/kunizane7k/

●Twitter
https://twitter.com/Kunizane7K

(Visited 263 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る