人の美しい心、利他の心が響きあう世界を創りたい – 宮田博文さん

【ストーリー概要】
心と心が繋がる、こども達と共に優しい気持ちが広がる社会を創る。宮田さんから紡ぎ出されるのは、「愛」その一点に集約されるメッセージ。こどもミュージアムプロジェクトを筆頭に、来年はパラスポーツの応援、「愛でいけるやん」ドキュメンタリー映画の上映会、福島を世界一のモデル都市にするプロジェクト。物流の枠を超えて行政と一緒にまちづくりを行われています。経営者やリーダーの立場にいらっしゃる方にぜひ聞いていただきたい内容です!

【プロフィール】
株式会社宮田運輸
代表取締役社長 宮田 博文

1970年大阪府生まれ。高校卒業後、祖父が創業した宮田運輸に入社。運転士、専務などを経て2012年社長に就任。社長就任当初、従業員に対する管理を強め、数字を上げようとしたことが引き金となり、死亡事故が発生。そこから方針を大転換。現在は、従業員をとことん信じる「心の経営」をモットーとしている。2007年、稲森和夫氏が主宰する経営塾「盛和塾」に入塾。死亡事故をきっかけに同社がはじめた、トラックに子どもの絵をラッピングして、事故抑止につなげる仕組み「こどもミュージアムプロジェクト」は、現在150社以上の企業が参加。また、同社が行っている、すべての従業員、社外の人誰もが参加できる経営会議「みらい会議」には、全国各地から数多くの人が参加している。

【SNSリンク】

★HP
株式会社 宮田運輸
https://www.miyata-unyu.co.jp/

一般社団法人 こどもミュージアムプロジェクト協会

HOME

★facebook
https://www.facebook.com/kodomomuseum.jp/

★愛でいけるやん 予告動画

(Visited 97 times, 1 visits today)

こちらもぜひご覧ください

【Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています 】

この動画チャンネルを見る

コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です